音楽配信サービス各社が楽曲価格を一斉値下げ、iTMSと同額に

 

アップルコンピュータがiTunes Music Store (iTMS)を日本でオープンさせた8月4日、国内のオンライン音楽配信サービスでも、一部のレーベルを対象にした楽曲価格の値下げが行われた。100万曲以上の楽曲を150円または200円で販売するiTMSの影響は強く、日本国内におけるオンライン音楽配信サービスの競争激化が感じられる。

レーベルゲートの音楽配信サービス「Mora」は、東芝EMI、エイベックスネットワーク、コロムビアミュージックエンタテインメント、ブルース・インターアクションズ、ジェイディスクビーイング、レインボーエンタテインメント、エルディー・アンド・ケイの楽曲を1曲150円または200円で販売する。楽曲配信ルールも変更されており、7社の楽曲については、対応デジタルオーディオプレーヤーへの転送が無制限、CDへの書き込みが10回までとなった。

USENが運営する音楽配信サービス「OnGen USEN MUSIC SERVER (OnGen)」もレーベル各社による料金改定方針を反映させた価格改定を発表した。一部の楽曲について、これまで210~270円だったシングル価格を150円~200円に、1200円~2400円だったアルバム価格を1000円~2150円に値下げした。これによりOnGenでの主要価格帯は、シングルが270円から150円に、アルバムが2400円から1600円に下がった。

またオリコンが同社のWebサイト「ORICON STYLE」で提供している音楽配信サービスでも一部楽曲の値下げが実施された。240円だった楽曲が150円になるなど、大幅な値下げが含まれているという。今後の計画として同社は、現在11万の配信曲数を9月末までに23万曲に増やすとしている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アッコ、極楽・山本は「性格すごいいいヤツ」-「頑張ってほしい」とエール
[12:23 7/31] エンタメ
[松本人志]やくみつるの「ポケモンGO」炎上にコメント
[12:00 7/31] エンタメ
松本人志、『27時間テレビ』に求める意外性「100時間」「とんねるずと」
[12:00 7/31] エンタメ
女子高生女流棋士・竹俣紅が解説『朝日新聞社杯 第2期将棋ウォーズ棋神戦』生中継
[12:00 7/31] エンタメ
ジュエリースナップ 第363回 saopiyoさん
[12:00 7/31] ライフスタイル

求人情報