auのおサイフケータイ「W32S」「W32H」9月中旬から順次発売

KDDIと沖縄セルラーは、非接触IC「FeliCa」を内蔵した「EZ FeliCa」サービスに対応した"おサイフケータイ"として、「W32S」「W32H」を9月上旬から順次発売する。auでは初めてのおサイフケータイであり、今後順次対応端末を拡大していく考え。発売はW32Sが9月上旬、W32Hが9月中旬で、価格はオープンプライスだが、いずれも実売想定価格は2万円程度。

W32S

W32H

おサイフケータイはすでにNTTドコモがサービスを提供しており、対応端末がすでに500万台を越える人気サービスだ。キャリア同士で協議して「おサイフケータイ」を共通の愛称として使うことになっており、au側では、対応サービスについてもドコモで提供されているものはほぼ対応させたい意向だ。

第1弾端末となるW32S/W32H - スタイリッシュとコンパクト

9月から発売される2モデルは、ひんぱんに取り出して使うおサイフケータイの使い方に配慮し、コンパクトでスタイリッシュなデザインと使い勝手の良さを追求。「ユーザビリティとデザインの格好良さが大事」(au事業本部au商品企画本部プロダクト統括部長・酒井清一郎氏)としてさまざまな工夫や気配りを備えた、という。

いずれのモデルも、メインメニューにEZ FeliCaアイコンを用意し、BREWアプリメニューからアクセスする必要がなく、容易にFeliCaサービスを利用できる。EZ FeliCaメニューからは、EZ FeliCa専用のポータルサイトへのアクセスもできるようになっており、サービス一覧やキャンペーン情報などを提供する。

メインメニューにEZ FeliCaアイコンを用意して、すぐにFeliCa機能にアクセスできるように配慮するとともに、ポータルサイトも準備する

ポータルサイトのトップページ

セキュリティにも配慮し、ロック番号でFeliCaの使用を制限する「FeliCaロック」、FeliCaロック中でも一定時間FeliCaが利用でき、使用後は自動的にFeliCaロックがかかる「クイック解除」、登録した電話番号から指定回数着信するとFeliCa機能やアドレス帳の使用がロックされる「遠隔オートロック機能」が用意されている。

セキュリティ機能の詳細

いずれの端末も「スマート」「コンパクト&スタイリッシュ」「充実機能」をコンセプトとしており、着うたなどの音楽機能、GPS、大容量データフォルダなどの充実した機能を備えつつ、いつも持ち歩くおサイフ代わりだからこそ、スタイリッシュなデザインを追求した。

W32S(ラグジュアリーピンク)

第1弾として登場するW32S(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)は、同時発表のW32Hよりもコンパクトなサイズでありながら、WIN端末としては初めて着せ替えパネル「Style-Upパネル」と新しい着せ替えメニューを採用。Style-Upパネルは当初10種類を用意。着せ替えメニューは、時間帯に応じて画面デザインが変化する「ドラマメニュー」を搭載した。また、FeliCaの通信エリアに入るとアンテナ部が光る「リングアンテナ」も備える。

キーデザイン

Style-Upパネルは10種類を用意。リアルレザーやスタッズ、ストライプレザーなど10種類が別売される

従来は分けられていたデーフォルダとBREWフォルダを共有化した「フレキシブルデータフォルダ」を採用。45.5MBとという大容量メモリに、着うたや写真、EZ FeliCaアプリなどをふんだんに保存できる。アプリとしては電子マネー「Edy」に加え、お小遣い日記や「リッジレーサーSE」(ナムコ)をプリセットする。

W32Sの機能一覧

最新の音源チップ、ステレオスピーカー、128和音再生対応、サウンドプロセッサー「DVX」搭載で、臨場感あふれるサラウンドを実現。プレイリスト編集やBASSの調整も可能なミュージックプレイヤー機能も備える。

そのほか、FMラジオ、安心ナビ、聴かせて検索、125万画素カメラ、画像補正機能「ルミナスエンジン」、「au ICカード」、「GLOBAL EXPERT」、「Security Pass」などの機能を搭載する。

使いやすさに配慮し、本体側面のFeliCaボタンを押すだけでFeliCaロックが解除できる。ロックナンバーの入力が不要なため、便利な半面セキュリティレベルが下がるが、側面ボタンを押す順番でロックを解除する機能でセキュリティを補っている。またFeliCaボタン長押しで、残高を背面液晶ですぐに確認できる。

本体サイズは約48(W)×98(H)×23(D)mm、約118g。連続通話時間は約200分、連続待受時間は約250時間。液晶はメインが約2.2型QVGA、サブが約1.1型96×96ドット、日本語入力機能はPOBox、Advanced Wnn V2。外部メモリとしてメモリースティックDuo/PRO Duoに対応する。本体カラーはラグジュアリーピンク・ルナシルバー・フレームオレンジの3色。

9月中旬から発売のW32H(日立製作所製)は、コンパクトながら高機能な端末となっており、SD-Audio/SD-Videoに対応、「SD-Jukebox Ver.5.0 LE for W32H」を同梱、購入後すぐに手持ちのCDを取り込んで音楽プレイヤーとして利用できる。ジャケット写真を含めた楽曲情報やイコライザー機能を備えたミュージックプレイヤー、ステレオスピーカー・サラウンドプロセッサー「DVX」も搭載する。SD-Videoにも対応するため、PCやAV機器で録画したSD-Video形式のテレビ番組などを再生することも可能だ。

W32H(フロストグリーン)

PC向けWebサイトが閲覧できる「PCサイトビューアー」、メールに添付されたWord/Excel/PDFなどのPC向けファイルを閲覧できる「PCドキュメントビューアー」を搭載。FMラジオ、安心ナビ、聴かせて検索、128万画素カメラ、人物・風景・トワイライトなどの撮影シーン機能、au ICカード、GLOBAL EXPERT、Security Passといった機能を備える。

FeliCaは背面。ちなみにW32Sは正面にチップを内蔵する

W32Hのメニュー画面。EZ FeliCaアイコンが見える

デザインとしてはAV機器のような緻密さで使いやすさをまとめたキー、スピーカーのメッシュ越しに光る「サイレントイルミネーションなど、存在感のあるデザインを狙った。本体カラーはソリッドシルバー、フロストグリーン、ラピスホワイトの3色を用意する。

キーデザイン

ミュージックプレイヤー

本体サイズは約50(W)×98(H)×25(D)mm、約126g。連続通話時間は約200分、連続待受時間は約220時間。液晶はメインが約2.2型QVGA、サブが約1.0型64×96ドット、日本語入力機能はATOK for au+AI推測変換「APOT」(関西弁対応)。外部メモリはminiSDカード。

W32Hの機能一覧

サービス開始当初は「最低10種類」のサービス

EZ FeliCa対応サービスは、現時点で19種類が提供予定。JR東日本のモバイルSuicaは来年1月開始予定で、現時点では9月上旬の端末発売時から利用できるサービスは「10種類以上」(同)になるという。

サービスは現時点で19サービスが提供予定

auのGPSやFMラジオといった各種サービスとも連携、ユーザーの生活動線に合わせたサービスを提供する

イーバンク銀行、ゲオ、サイバード、サークルKサンクス、JCB、セガ、ANA、ソニーファイナンスインターナショナル、第一興商、テックファーム、JAL、日本信販、NEC、ビックカメラ、ビットワレット、フェリカネットワークス、三井住友銀行、ヨドバシカメラがサービスを提供予定で、このうち、どのサービスが端末発売と同時提供かはまだ決まっていないそうだ。

auではドコモと同様、FeliCaサービスを社会インフラとして認識、サービス内容としては特に差別化は狙わず、既存のドコモ向けFeliCaサービス提供事業者がau向けにも提供することを期待、ドコモと同等のレベルまでサービスを拡充していきたい考えだ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事