新作映画のオンライン配信実現へ--米Intelが新会社設立を支援

米Revelations Entertainmentと米Intelは6日(米国時間)、ClickStarの設立を発表した。DVD化される前の新作映画をインターネット経由で直接消費者に届けるオンライン配信サービスの実現を目指す。

RevelationsはプロデューサーのLori McCreary氏と俳優のMorgan Freeman氏が96年に立ち上げた企業で、映画やTV番組の制作のほか、デジタルエンターテインメントを推進する活動を行っている。2004年のCESでは、映画制作・配信におけるデジタル技術利用をアピール。同イベントでデジタルホームを提唱したIntelのPaul Otellini社長兼COO(当時、現社長兼CEO)の講演に、Freeman氏が登場して以来、デジタルホーム分野で両社は協調している。今年1月には、カリフォルニア州サンタモニカのRevelationsの敷地内にデジタル・ホームのモデル・ハウス「Intel-Revelations Open House」をオープンさせている。

CES 2004でデジタルホームの可能性について議論するFreeman氏とOtellini氏

Intelからの出資を得て、Revelationsが設立したClickStarは、新作映画のオンライン配信の実現によって、消費者に新たなホームエンターテインメントの楽しみ方を提供すると共に、フィルムメーカーと世界中の映画ファンをより密接に結びつけようとしている。

DVD販売よりも早いオンライン配信が実現すると、DVDの売上げ減、さらには映画館での興行収入減が懸念される。これに対してFreeman氏は、「ClickStarは、映画を中心に、デジタルコンテンツを求める世界中の消費者の声に応えようとしている。われわれの目的は、世界中の映画ファンに封切り直後のプレミアムエンターテインメントを届けられるようにし、海賊版よりもずっと手軽に正規の作品を楽しめるようにすることだ」と述べている。映画を最も楽しめる場所は映画館であるという思いに変わりはないが、例えば、真冬のミネソタは氷と雪に覆われてしまう。オンライン配信が実現すれば、気軽に映画館に行けない冬のミネソタのような場所の住人でも、封切り日に最新の映画を楽しめるようになる。Revelationsは発表の中で、ClickStarの試みは映画産業に新たなビジネスモデルを確立し、売上増の機会をもたらすと主張している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事