ベスト電器とMCJ、コンボドライブを搭載しながら7万円台のノートパソコンを発売

 

ベスト電器とMCJは、CD-Rへの書き込みとDVDの読み込みに対応したコンボドライブを搭載するノートPC「RD06BE N350MXP」の発売を開始した。搭載OSはWindows XP Home Edition SP2で、ディスプレイには14.1インチのTFT液晶を採用。ベスト電器各店で販売しており、価格は79,800円となっている。また、MCJがサポートを行う365日24時間サポートサービスが標準で付属している。

「RD06BE N350MXP」は、CPUにインテル Celeron Mプロセッサ350を採用し、メモリはDDR-SDRAM 256MB、HDD容量は40GBとなっている。また光学ドライブは、24倍速CD-RW/DVDコンボドライブを搭載。10万円を切る低価格ノートながらも、CDの作成やバックアップを行うことができる。14.1インチTFT液晶ディスプレイは、1024×768表示に対応。グラフィックは、チップセットのSiS M661MXに内蔵されたグラフィック機能を利用している。

インタフェースには、PS/2ポート、USB2.0ポート×2、VGAポート、10/100Mbps LANポート、TypeII CardBus対応PCカードスロットを搭載。また通信環境としては、56Kbpsモデムも搭載する。外形寸法は、312(W)×263(D)×27.5(H)mmとなっている。

コンボドライブ搭載で、365日24時間サポートサービスも付属した「RD06BE N350MXP」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事