映画・音楽・ゲーム業界はネットと手を結ぶべし!? 海賊行為懸念も急成長

 

米PricewaterhouseCoopersは、今後の世界のエンターテインメント市場の成長などを予測した最新調査レポート「Global Entertainment and Media Outlook: 2005-2009」の発表を行った。映画・音楽・ゲーム業界ともに、インターネット上のサービスなどを原動力にして、大きく成長すると予測されている。

同レポートによれば、世界のエンターテインメント市場は、2009年にはUS1兆8,000億ドル規模に拡大。地域別に見ると、米国のエンターテインメント市場における売上高が、2009年にはUS6,900億ドルに達して、引き続き世界トップの座を維持することになるものの、ゲームおよび音楽業界の売上が好調なEMEA(欧州・中東・アフリカ)地域が、2009年にはUS5,720億ドルの売上を記録して、米国市場に迫る勢いを見せるとされている。

一方、今後5年間で最も著しい成長を遂げるのは、アジア太平洋地域と予測されており、2009年にはUS4,320億ドルの売上高に達することになるという。特に中国では、インターネット上の販売が大きく伸びて、2008年までには、アジアトップの日本を抜き、同地域で最大のエンターテインメント市場を形成すると考えられている。

同社アジア太平洋地域のEntertainment & Media Practice部門を率いるMarcel Fenez氏は「急速な経済成長と規制緩和などの要素が原動力となり、今後5年間の中国の(エンターテインメント市場の)成長は目ざましいものとなるだろう。ブロードバンド・インフラの普及も、この成長に拍車をかけるものとなっていくが、唯一のマイナス要因は、一向に収まらない海賊行為で、アジア太平洋地域の(エンターテインメント市場の)成長に、海賊行為がブレーキをかける状態が今後も続きそうだ」とコメントしている。

今回のレポートで最も注目されているのは、世界エンターテインメント市場の発展に、ブロードバンドおよび携帯電話向けサービスの売上が与える影響。世界のエンターテインメント業界のこの分野の売上は、2004年にはUS114億ドルだったものが、2009年にはUS730億ドルにまで伸びると見られている。同社Global Entertainment & Media Practice部門を代表するWayne Jackson氏は「2000年頃までは全く重要視されていなかった販売チャネルを軸にして、業界全体に新たな波が訪れている。世界のどの地域でも、オンラインゲーム、携帯電話ゲーム、オンライン映画レンタル、デジタル音楽配信、携帯電話向け着メロ/音楽ダウンロードサービスなどが、売上の増大に欠かせない存在になりつつある」とコメントした。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東武鉄道「日光詣スペーシア」ラッピングの台鉄自強号、台湾で10/3運行開始
[20:58 9/29] ホビー
『とと姉ちゃん』常子役の高畑充希「"常"という漢字は今、見たくない」
[20:32 9/29] エンタメ
iOS 10のコントロールセンターをもっと"深く"使う方法を紹介
[20:29 9/29] スマホとデジタル家電
アリーナツアーで2度目の日本武道館凱旋ライブ達成 - 「Kalafina Arena LIVE 2016」で3人のヴォーカリストが伝えたメッセージ
[20:23 9/29] ホビー
オリンパス、スイッチをスライドするだけで録音開始するICレコーダー
[20:17 9/29] スマホとデジタル家電

求人情報