アップルがインテル製CPU採用、次期Mac OS Xは"Leopard"

米Apple Computerは6日(米国時間)、米カリフォルニア州サンフランスコで始まった開発者会議WWDC(Worldwide Developer Conference)で、Macintoshに搭載するプロセッサをPowerPCからIntel製CPUに移行する計画を明らかにした。

AppleのCEOであるSteve Jobs氏は、「世界で最高のパーソナルコンピュータをユーザーに届けることが我々の目的であり、将来を見越すと、現時点でIntelのプロセッサ・ロードマップが最も充実している」と理由を説明する。2006年から2007年の2年間を移行期間としており、2006年の今頃にはIntel製プロセッサを搭載したMacintoshの出荷を開始し、2007年の6月には大部分がIntel製CPUに、そして2007年末には移行が完了する計画だという。

2006年から2007年にIntel製CPUへ移行

基調講演では3.6GHzのPentium 4でMac OS Xの動作デモを披露

Intel CEOのPaul Otellini氏が基調講演に登場

Mac OS Xについては、元々クロスプラットフォームに対応できる設計になっており、以前からPowerPC以外にx86プロセッサ向けのプロジェクトが存在していたという。基調講演でJobs氏は、3.6GHzのIntel Pentium 4を搭載したMacintoshシステムでMac OS X Version10.4.1を動作させるデモを披露した。開発者に対しては、PowerPCとIntel製プロセッサに対応できるXcode 2.1について説明。さらにユーザーに対する移行サポートとして、既存のPowerPCバイナリをIntel製プロセッサ搭載Macintoshで動作させる「Rosetta」というエミュレーション技術を紹介し、実際にQuickenやPhotoshopなどのアプリケーションを動かせて見せた。

基調講演ではまた、現行の"Tiger"に次ぐMac OS Xが"Leopard (Version 10.5)"になると発表した。2006年末から2007年初めにかけて登場するとしている。

次期Mac OS Xは"Leopard"

(WWDC基調講演の詳細は追って掲載いたします)



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報