Apple、MacintoshにIntel製CPUを採用 - 2007年中に移行を完了

 

Apple Computerは6日(米国時間)、サンフランシスコで開催中の開発者会議「WWDC 2005」において、Macintoshに搭載するCPUを現在のPowerPCからIntel製CPUへと変更する計画を発表した。1年以内にIntel製CPUを搭載した最初の製品が発売され、2007年末までにMacintosh全モデルの移行が完了する予定。

移行計画が発表された基調講演でSteve Jobs CEOは、「世界で最高のパーソナルコンピュータを提供することが我々の目標であり、将来を考えるとIntelが示すプロセッサ・ロードマップがもっとも充実している」とIntelアーキテクチャへの移行の妥当性を強調。講演の終盤にゲストとして壇上へ招かれたIntel社のPaul Otelini CEOも、「もっとも革新的なコンピュータ会社が顧客に加わったことに興奮を覚える」と、Appleとの連携に強い意欲を示した。

主要デベロッパーとしては、Microsoft Macintosh Bussiness UnitのRoz Hoゼネラルマネージャー、さらにAdobeのBruce Chizen CEOが登壇。Macintoshに対するコミットメントを続ける方針を確認するとともに、PowerPCとIntelの両方のアーキテクチャをサポートする両社の姿勢を明らかにした。

開発ツールとしては、最新のgcc 4.0を含む「Xcode 2.1」を提供。PowerPCとIntelの2つのアーキテクチャに対応する「ユニバーサルバイナリ」を生成できるほか、ジャスト・イン・タイムのバイナリ変換機能「Rosetta」をサポートするなど、Intelアーキテクチャへの移行を意識したアプリケーションの開発に活用できる。また、C/C++コンパイラやMath Kernelライブラリなど、一式を含む開発ツールが今年後半にIntelから提供される計画も発表された。

基調講演では、Macintoshに搭載されるCPUの詳細については触れられていないが、同日付で公開された開発者向け文書(Universal Binary Programming Guidelines)には「x86 as a synonym for IA-32」とあることから、現行のIA-32との互換性を持つCPUが採用される可能性が高い。Apple Developer Connection(ADC)のセレクト/プレミアメンバー向けには、Pentium 4 3.6GHzを搭載したハード(筐体はPower Mac G5)を999米ドルで1年間貸与する「The Developer Transition Kit」が提供されることから、Pentium 4を念頭に置いているものと考えられる。

Universal Binary Programming Guidelinesには、PowerPCバイナリをリアルタイムにIntelのコードに変換する「Rosetta」に関する情報も掲載されている。それによれば、Intel製CPUを搭載したMacintoshでPowerPCネイティブのバイナリを実行すると、「Rosetta」という機能により即座にIntelのコードへと変換、多くの場合そのまま実行できるという。なお、PowerPC G3向けにビルトされたバイナリが対象とされ、AltivecコードなどG4/G5に依存するバイナリ、カーネルモジュール(KEXT)自身またはKEXTに依存するバイナリは変換できない。Mac OS 8/9用アプリケーションについても、サポート外とされている。

また文書では、Rosettaが機能するバイナリの基準として、ユーザの操作する部分が多く複雑な計算を必要としないワードプロセッサのようなアプリケーションは互換性が高く、フーリエ計算やレイトレーシングなど複雑な計算を伴うものは互換性が低い、と例示されている。

かつてMacintoshがMotorola 68000シリーズ(68k)からPowerPCに移行したときには、68kとPowerPCのバイナリを1つのファイルに混在させる「ファットバイナリ」と、68kのコードをPowerPCのコードに翻訳して実行する「エミュレーション」の2つの手法により、バイナリ互換性の問題が解決された。今回のPowerPCからIntel製CPUへの移行では、ファットバイナリに相当する存在が「バンドル」(ファイルに見せかけたフォルダにバイナリやリソース一式を格納したパッケージ形式)、エミュレーションに相当する機能が「Rosetta」となる。

関連記事

Quartz Composerによるビジュアルフロープログラミング
[2005/5/26]
Mac OS X Tigerの実力は? - 4度目のアップデート、その真価を探る
[2005/4/29]
OS進化論:x86版Darwin登場 ~Mac OS Xのコアがx86で動く~
[2001/5/23]
Power Mac G5を試す - やはり2.5GHz Dualは速かった
[2004/8/12]
欲張りユーザのあれもこれもをアルミボディにぎゅっと凝縮 - PowerBook G4
[2005/3/2]
成熟の境地に達したPowerBook G4
[2004/6/4]
Inside of Mac OS X "Tiger" - Spotlightによって照らされる世界
[2004/7/13]
性能を損なわないエミュレーション技術、「QuickTransit」のインパクト
[2004/9/30]
Apple Computer上級副社長 フィリップ・シラー氏に訊く
[2005/3/16]
OS X ハッキング! 第85回 Qt/Macを試す(2)
[2004/3/29]
OS X ハッキング! 第82回 WindowsアプリをOS Xで!? ~Darwineを試す~
[2004/3/8]
Power Mac G5を試す - やはり2.5GHz Dualは速かった
[2004/8/12]
OS X ハッキング! 第85回 Qt/Macを試す(2)
[2004/3/29]
OS X ハッキング! 第82回 WindowsアプリをOS Xで!? ~Darwineを試す~
[2004/3/8]
OS進化論:x86版Darwin登場 ~Mac OS Xのコアがx86で動く~
[2001/5/23]
新しくなったiMac G5に触れる
[2004/9/22]
iPodのようなPCって? - その答えがココにあります
[2004/9/3]
「Gentoo MacOS」登場 -Gentoo Linuxのパッケージ管理システムを移植
[2004/7/21]
Apple、Darwin 8.0b1のソースコードを公開 -「Tiger」の概要がわかる?
[2004/8/9]
Fink 0.7.0リリース - Mac OS Xで手軽にUNIX用フリーソフトを
[2004/4/5]
Mac OS X Server・Xserve・Xserve RAIDとDTPのおいしい関係って?
[2005/4/7]
Mac OS Xの開発環境「Xcode Tools」がアップデート
[2004/8/6]
水冷も搭載したPower Mac G5 - 気になる静粛性とパフォーマンスは?
[2004/6/18]
Apple、DAWソフト"Logic"に分散処理技術を導入
[2004/10/1]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「超☆汐留パラダイス」をアンバサダーアナが体験 - ガキ使バスは2台に増便
[08:00 7/24] エンタメ
山口宇部空港に初の国際線定期便就航 - 韓国・仁川線をエアソウルが週3便
[07:00 7/24] 趣味
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第57回 厚生年金、国民年金にはしっかり加入する!
[07:00 7/24] マネー
NEWS小山慶一郎、間違えたら粉まみれ!「本物」と「食品サンプル」を見極める
[06:00 7/24] エンタメ
“プリンス”山崎育三郎の私生活が明らかに『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/24] エンタメ