次のFirefoxとなる「Deer Park」の最初のアルファ版が公開

 

Mozilla Foundationは31日(米国時間)、Webブラウザ「Firefox」の開発途上版「Deer Park アルファ1」を公開した。現時点ではWindowsとLinux(x86)、Mac OS X向けの3種類のバイナリが公開されているが、いずれも英語版のみ。開発者およびテスター向けのリリースであり、それ以外の目的での使用は推奨されない。

右下に「Firefox/1.0+」の文字を確認できる(画面はWindows版)

Firefox 1.1として2005年7月のリリースが予定されているDeer Parkには、多くの新機能が追加された。エンドユーザ向けの新機能としては、履歴やクッキーなどの個人情報を迅速に消去する「消毒」機能、画像を表示したタブのアイコンにその画像のサムネイルを表示する機能、匿名FTPサーバへのログイン失敗時にユーザ名/パスワード入力用のダイアログを表示する機能などが挙げられる。デフォルトでは無効に設定されているが、セッション履歴の移動を高速化する機能も用意されている。

プラットフォーム別では、Mac OS X向けの機能強化が特筆される。TABキーを押してウインドウやダイアログ間を移動する「フルキーボードアクセス」に対応したほか、Command+returnキーの押下によるアドレス補完、戻る/進む/中止といったキーボードショートカットがサポートされるなど、操作性が改善。アイコンへドラッグ&ドロップする方法で開くことができるファイルの種類も増加した。

4月にMozilla開発者向けブログ「Mozillazine」で公開された開発ロードマップ案によると、Firefox 1.1は開発者向けの「Deer Park Developer Preview」を4月上旬に、テスター向けのFirefox General Previewを5月中旬に、さらに何度かのリリース候補を経たのち7月に正式版がリリースされる計画となっている。しかし、今回のアルファ版のリリースはロードマップ案と比較して遅れ気味であり、正式リリースは7月以降となることも予想される。

画像を表示しているタブには、左端にサムネイル画像が表示される(画面はMac OS X版)

個人情報を迅速に消去できる「消毒」機能(画面はMac OS X版)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

女性の自己投資、何に使ってる?
[14:35 9/1] マネー
パナソニック、転送レートTyp.50Mbpsの産業機器向けフォトカプラを製品化
[14:31 9/1] テクノロジー
アーキサイト、文字が消えない2色成形キーキャップ採用テンキー
[14:28 9/1] パソコン
田口淳之介、ソロアーティストデビュー発表 - 11月にCD発売、初イベントも
[14:25 9/1] エンタメ
ウシの出産数は満月の時期に増加 - 東大が発表
[14:22 9/1] テクノロジー