9,800円のオールインワンプリンタ - HP、「価格の限界に挑戦した」

 

HP PSC 1510 All-in-One

日本ヒューレット・パッカードは1日、コンシューマ向けオールインワンインクジェットプリンタの新製品として「HP PSC 1510 All-in-One」を発売する。販売は同社のWeb直販サイトHP Directplusのみで行われ、価格は9,870円となっている。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以降およびMac OS X 10.1.5/10.2.3以降。PCとの接続はUSB 2.0インタフェースを使用。

同時にPSC 1510に対応するインクサプライ品の新商品としてモノクロプリントカートリッジ「HP 132」(容量5ml)と3色カラープリントカートリッジ「HP136」(容量5ml)も発表されている。価格はオープンだがHP Directplus価格がHP 132が1,974円、HP 136が2,646円となっている。

PSC 1510はスクエアデザインのコンパクト筐体を採用し、同社が「百年画質」とするViveraインクに対応。スキャナ機能、コピー機能などオールインワンプリンタとしての機能を搭載し、PictBridgeを使ったデジタルカメラのダイレクトプリント機能も備えている。HPプリンタの特徴である前面給排紙機構も搭載する。

同社販売担当者はPSC 1510に関して「コストパフォーマンスの限界に挑戦した」と述べており、本体価格だけでなく印刷時のランニングコストも低くなるよう気を使ったとする。

主なスペックは、プリント解像度が4,800×1,200dpi、プリント速度がモノクロ20ppm/カラー混在18ppm、ランニングコストはモノクロ文書1,000枚をL判フチなし印刷した場合で1枚約23円となっている。スキャナ機能のスペックは、光学解像度が1,200×1,200dpi、原稿サイズが最大A4またはレターサイズ。コピー機能のスペックは、最高コピー解像度が1,200×1,200dpi、原稿サイズが最大A4またはレターサイズとなっている。本体サイズは434(W)×290(D)×162(H)mmで本体質量は5.1kg。消費電力は印刷時最大40W/アイドル時最大9.9Wとされている。

トレイを折りたたんだ状態(サンプル機、実際の商品と多少違う場合あり)

主な仕様

HP PSC 1510 All-in-One
印刷方式 オンデマンド型サーマル・インクジェット
インクシステム 6色/4色交換式
給排紙方式 前面給排紙
印刷スピード モノクロ20ppm/モノクロ・カラー混在18ppm
印刷解像度 最高4,800×1,200dpi
ランニングコスト モノクロ文書約1,000枚(J1 HP131)、L判フチなし(6色):約23円/枚
スキャンセンサ CIS
スキャン解像度 光学解像度1,200×1,200dpi/補完解像度最大19,200dpi
入力階調 16bitRGB(Macでは12bit)
出力階調 8bitRGB、グレースケール
コピー速度 モノクロ20ppm/モノクロカラー混在18ppm
本体サイズ 434(W)×290(D)×162(H)mm
本体質量 5.1kg
消費電力 印刷時最大40W/アイドル時最大9.9W

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン