NTTデータ、cell computingクライアントソフトにJavaを採用

 

NTTデータは、同社の提供する「cell computing βirth」に参加するためのメンバソフトにJava版を追加、cell computingのマルチプラットフォーム対応を実現した。cell computing βirthは、ネットワークに接続されているPCの余剰能力を集めて仮想のスーパーコンピューターを作り、大規模な計算を行うプロジェクト。通常のグリッドコンピューティングなどと比べて、ユーザ間での発見や創造を共有できるコミュニケーションの基盤となることを目指している、という特徴を持つという。

これまで、cell computingでは、マイクロソフトのWindows OSを対象としたメンバソフトを配布してきた。メンバソフトは、cell computingに参加するためのクライアントソフトウェアで、参加を希望するユーザはPCにメンバソフトをインストールする必要がある。今回、このメンバソフトにJava(JFC/Swing)で開発された版を追加、LinuxやFreeBSD、Solaris、Mac OS XなどJavaの実行環境であるJVMが移植されたOSであればcell computingに参加可能となった。

NTTデータでは、動作環境としてJ2SE 1.4.2以上を設定している。Windows OSなど、J2SEが最初からインストールされていない環境では、Sun MicrosystemsのウェブサイトよりJREのダウンロードが必要。

CHRONOSにMac OS X 10.4から参加したところ

cell computingプロジェクトでは、Java版から参加可能なプロジェクトとして「ゲノムのパズルを解こう! CHRONOS(クロノス)」を提供する。CHRONOSは、ヒトのDNAデータを解析するためのプロジェクト。プロジェクトの主体は東亞合成 名古屋研究機構主席研究員の吉田徹彦氏で、九州大学大学院医学研究院予防医学分野古野純典氏の後援による。

ヒトのDNAは健康な個体の場合、常染色体22本、性染色体2本からなるが、染色体間の並びについてどのような意味があるのかは未だ解明されていない。同プロジェクトではこの並び方の法則性の発見を目指す。これによりガンや糖尿病などの遺伝子病に対する解明・予防につなげたい考え。

具体的には24本の染色体の順列(24!=約6千垓通り)の中に高い周期性を持つ順列が存在するか否かを調査する。2002年、Jeffrey A. Bailey氏らがScienceに「Recent Segmental Duplications in the Human Genome」と題した論文を寄稿している。Bailey氏らはヒトゲノム配列における表現の重複領域を同定、重復の分布がランダムではないことを示し、非常に類似した重複領域に挟まれた大きなホットスポット領域169箇所を同定している。今回のプロジェクトはこのデータを利用したものとなる。

NTTデータでは、PC以外にも情報家電やゲーム機などの処理能力にも注目、cell computingの対応機器を広げ、今後も対象ユーザを増やしていきたい考え。ただ、NTTデータでは具体的にどういった機器に対応させるのか、その際にJavaを使うのか否か、などは未定としている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[朝が来る]テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ
[08:00 7/30] エンタメ
偽Pokemon GOアプリから身を守る方法
[08:00 7/30] 企業IT
ベッキー、武道館イベントに感激「ただただ幸せ」騒動後初めてファンの前に
[08:00 7/30] エンタメ
吉木りさ&和田正人、ブログで交際宣言「あたたかい目で見守って」
[08:00 7/30] エンタメ
鉄道トリビア 第365回 全国に4駅ある赤坂駅と愛媛県の五十崎駅、その共通点は…
[08:00 7/30] ホビー

求人情報