BBモバイル、1.7GHz帯のW-CDMA実験局本免許を取得 - HSDPA 14.4Mbps伝送も

  [2005/05/30]

ソフトバンクグループで携帯電話事業を展開するBBモバイルは、1.7GHz帯のW-CDMA実験局免許を総務省から取得、30日から実証実験を開始した。

実験では、1.7GHz帯W-CDMAでの大容量の高速データ通信やハンドオーバー、干渉などを、実際のフィールド環境下で調査、実際の商業化を目指したデータの収集が目的だ。実験は半年間をめどとして行われる予定。

現在同社では、W-CDMAでさらなる高速データ伝送を実現するHSDPA(High Speed Downlink Packet Access)の実験を、4月から埼玉地区で実施しており、「国内通信事業者としては、1.7GHz帯で初めて」(同社)フィールド環境下での下り14.4Mbpsの高速データ通信を達成した、という。

今回の1.7GHz帯W-CDMAを使った実験は、総務省主催の検討会で割り当てが決まった1.7GHz帯を用い、早ければ2007年の新規参入を目指したものだ。HSDPAと同じ埼玉地区での実験となる。

なお、同じく1.7GHz帯W-CDMAを使って携帯電話事業への新規参入を目指すイー・アクセスは、100%子会社のイー・モバイルが5月9日に実験局免許を取得、東京都内の都心エリア・住宅地エリアで実験を開始している。また、HSDPAについてはラボ環境下において、1.7GHz帯における同一キャリア内で音声トラフィックとHSDPAトラフィックを同時に伝送することに成功している。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JR九州「元気に! 九州パス」発売、「ガチきっぷ」復興支援に向け発売前倒し
[20:59 5/24] ホビー
ZOTAC、有線LANと無線LANに対応したWindows 10搭載スティック型PC
[20:46 5/24] パソコン
[HKT48兒玉]今年の夏は「USJ」に行きたい
[20:35 5/24] エンタメ
JR西日本「みまさかノスタルジー」乗車したまま「津山まなびの鉄道館」へ!
[20:33 5/24] ホビー
【レポート】今週の秋葉原情報 - GeForce GTX 1080は27日22時の発売開始! 旧モデルは在庫処分セールも
[20:32 5/24] パソコン

特別企画 PR