米Sun、JDK 5.0ソースコードをJIULのもとに公開

 

米Sun Microsystemsは27日(米国時間)、JIULのもとJDK 5.0ソースコードを公開した。これによって、JDK 5.0のソースコードはJIULとJRLの両ライセンスのもと公開されたことになる。従来のSCSLライセンスは、今後これらライセンスに置き換わっていく予定だ。

JIULのもと公開されたJDK 5.0ソースコードは、組織内の利用に限ってだが、無償で変更することができ、その使用にあたってSunの互換性認証を得る必要がなくなる。互換性維持に関してはHonor Systemとされ、ユーザの自主的な管理にまかされることになる。これは互換性の低いJavaを増やすことにもなりかねないが、同社はそのリスクについては容認する方針。同社はJIULとJRLのもとでJDK 5.0を提供することで、オープンソースコミュニティの支持を獲得したいという。

同社は1998年、オープンソースを謳ったライセンスとしてSCSL(Sun Community Source License)を導入した。SCSLは、ソースコードの使用と修正に関しては基本的に無料だが、商用目的に使用した場合にはライセンス料が発生するというライセンスだ。これはオープンソースコミュニティには評判が悪かった。ライセンスが複雑であるうえ、互換性試験を受けるためにライセンスが必要で、オープンソースによる認証を獲たJDK開発が難しかったからだ。

これまで再三に渡り、コミュニティやベンダーはJavaのオープンソース化を求めてきたが、過去Microsoftと互換性問題で争ったSunは互換性にきわめて敏感になっており、互換性が損なわれかねないオープンソース化には反対してきた。

Sunは、こうしたライセンスに関する問題を解決するため、Project Peabodyを発足。SCSLを、用途に応じてより簡単で明確なライセンスに置き換えることを目的に、いくつかのライセンスを発表した。今回JDK 5.0に適用されたJIUL(Java Internal Use License)はそうしたライセンスの一つで、他にはJDL(Java Distribution License)やJRL(Java Research License)などが用意されている。

JIULのもとでは、変更を加えたJDK 5.0をバイナリパッケージの状態で組織内の利用を越えて配布することはできない。しかし、自らビルドして使用することは従来のSCSLと比較してより簡単になった。これはJDK 5.0がSunから正式配布されていない、FreeBSDといったOSでの問題を解決する一つの方法となるだろう。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー

求人情報