UWBとBluetoothが相互接続性実現に向けて前進

Junya Suzuki  [2005/05/05]

10メートル前後の短距離を100Mbpsの速度で接続する次世代無線規格「UWB(Ultra Wide Band)」をベースにした製品の相互互換性を検証する標準化団体「UWB Forum」は5月4日(米国時間)、米ネバダ州ラスベガスで開催中のネットワーク関連の総合展示会「Networld+Interop」の会場において会合を開き、現在携帯電話やPCを中心に普及が進んでいる短距離無線規格「Bluetooth」との互換性を実現するための方策を探り出したことを発表した。もしこれが実現すれば、将来登場するBluetooth対応製品とUWB対応製品が、互いに通信することが可能になる。

UWBは、PCの周辺機器のほか、携帯電話やPDAなどの小型機器同士を無線で高速接続する次世代無線規格として、無線パーソナル・エリア・ネットワーク(Wireless Personal Area Network:WPAN)の標準規格を策定するIEEE 802.15ワーキンググループにおいて仕様の標準化が進められている。UWBは第1世代の製品で100Mbps強、最終的には500Mbpsオーバーもの速度が実現されると見込まれている。UWBのその他の特徴としては、モジュールの消費電力が少なくて済むため、携帯電話などの組み込み用途に向いているという点が挙げられる。

一方のBluetoothもWPANの一種である。通信速度は1~2Mbps程度とUWBに比べると低速だが、すでに携帯電話やPCなどで広く採用されており、今後のさらなる普及も期待される。Bluetoothの規格を策定するBluetooth SIGのエグゼクティブディレクターのMichael Foley博士はこの件に関して「Bluetooth SIGのメンバー(企業)が、より高速な伝送速度を持った製品実現を期待していることは明らかだ。(UWB Forumとの)共同作業の可能性を探り、可能な限り分裂を抑える必要がある」とコメントしている。

今回の発表が、すぐにUWBとBluetoothの互換性実現に結びつくわけではないが、もし実現できればそのメリットは大きい。今後もBluetooth対応デバイスはいろいろ登場してくるが、それらの製品がUWBとの互換性を持っていれば、その資産をそのまま将来的に利用し続けることができ、ユーザーは自然な形で製品のアップグレードが可能になる。2006年以降の本格普及を見込むUWB陣営にとっても、Bluetoothユーザーをそのまま受け入れ、普及の足がかりをつかむきっかけとなるだろう。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ
東京と千葉の境、江戸川に浮かぶ謎の島へドライブに行ったら…
[14:00 5/29] エンタメ
明石家さんまの"落ち込まない思考法"「己を過信せず、今日が己の頂点」
[13:58 5/29] エンタメ
日本最大級のコスプレ専用スタジオに潜入『マツコ会議』
[13:40 5/29] エンタメ

特別企画 PR

求人情報