「Turion 64」の単体販売が開始、Socket 754が再び熱い!

 

複数のショップから予告があった通り、「Turion 64」の単体販売が開始された。今月に入ってから、システム販売という形で少量ながら発売したショップもあったが、CPU単体での販売となるとこれが初めて。ただし、どのショップも入荷は少数で、TDPが25WのMTシリーズを中心に完売となるモデルもあった。

パソコンショップ アークでは、「MT-30」「MT-34」の2モデルが売り切れ

これはMLシリーズのハイエンドモデル「ML-37」。動作クロックは2GHz

MTシリーズが人気

Turion 64は、AMD64アーキテクチャを採用したモバイル向けのプロセッサで、拡張ウイルス防止機能/PowerNow!/3DNow! Professionalなどをサポート。ラインナップは、今のところTDPが25WのMT-34/32/30、35WのML-37/34/32/30という計7モデルとなっている。

発売されたのはバルク版のみで、全モデルを入荷したのはパソコンショップ アーク。同ショップでの価格は、MT-34/32/30が32,800円/27,800円/22,980円、ML-37/34/32/30が42,800円/32,800円/27,800円/22,800円となっていた。

取材の時点(26日)では、MT-34/30の2モデルが完売となっていたが、これはMTシリーズとMLシリーズの価格差がほとんどなく、「どうせならTDPの低いMTを」という心理が働いたほか、MT-32のL2キャッシュが512KBと、MT-34/30の半分しかないことなどが影響したものと思われる。ちなみにMT/MLシリーズのモデルナンバーは、現状、「30」が1.6GHz/1MB、「32」が1.8GHz/512KB、「34」が1.8GHz/1MBと、共通の動作クロック/L2キャッシュの組み合わせになっている。

同ショップのほか、クレバリー1号店、高速電脳でも一部のモデルを入荷している。

静音アイテムてんこ盛りのPCケース

Nexus TechnologyのPCケース「Nexus Breeze NCS-01NP」は、静音性を徹底的に追求したATX用の製品。両サイドのパネルに消音用のウェーブフォームを備えるなど、静音向けのパーツが多数搭載されている。パソコンショップ アーク、T-ZONE PC DIY SHOP、高速電脳に入荷しており、価格は9,800円。電源は付属しない。

ボディーはシルバー、フロントはブラックの「Nexus Breeze NCS-01NP」

サイドパネルには消音用のウェーブフォーム

サイドパネルのほか、上面には薄型シート、フロントパネルにはフォームブロックも設置。さらに、ゴム足は共鳴と振動を抑える特殊複合ゴム、拡張カード用のスタビライザーなども用意されている。またエアフローも特徴的で、底面にある12cm静音ファンから吸気し、電源ユニットのファンで排気する構造となっている。

ケース内部。ファンは底面に1つのみとなっている

エアフローは写真のとおり。電源のファンで排気する

フロントパネルにもびっしり

拡張カード用のスタビライザー

1.2メートルの高さから落下してもOK?なHDDケース

Jstacの2.5インチHDD用ケース「V328U」は、耐衝撃性の高さをウリにする製品だ。ケースの両脇にポリ塩化ビニール素材のプロテクターが装着されており、1.2mの高さからの落下でもHDDを守ることができるという。クレバリー1号店での価格は3,643円。

Anti-Shock HDDケース「V328U」

両サイドを柔らかい素材で包み込む

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

松本人志&宮根誠司、生放送でキレまくりの坂上忍に「怖い」「荒れすぎ」
[07:00 10/1] エンタメ
癒やしの水族館が恐怖の空間に! 視覚・聴覚のダブル刺激で恐怖感MAX
[07:00 10/1] 趣味
ドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」に又吉直樹が本人役で出演
[06:00 10/1] ホビー
ジャンポケ太田「品格ある王者に!」『キングオブコント』2年連続決勝へ
[06:00 10/1] エンタメ
『勇者ヨシヒコ』グッズ発売!ヨシヒコたちがTシャツやキューピー人形に
[06:00 10/1] エンタメ