田舎の島々まで100%カバーするブロードバンド! スコットランドで実現間近に

英国のスコットランド自治政府(Scottish Executive)は、現時点でブロードバンド利用環境が整っていない田舎の地方などを隈なくカバーして、高速インターネットサービスを提供する「Broadband for Scotland's Rural and Remote Areas」プロジェクトの新方針を発表した。公的資金援助によって、全国を100%カバーするブロードバンドサービスの提供が実現間近になっている。

Jim Wallace企業大臣

スコットランドでは、総額2,400万UKポンドの予算を注ぎ込み、国内のブロードバンド利用促進を目指す「Broadband for Scotland」プロジェクトが、2002年末に提唱されたようで、当初の目標として、まずは昨年3月までに、約7割の世帯へブロードバンドアクセス環境を整えることが目指されたという。予定よりも順調にプロジェクトは進んで、昨年初めに7割カバーの目標に達したとされ、昨年後半からは、2005年中に全世帯を100%カバーすることを目標に掲げたBroadband for Scotland's Rural and Remote Areasが始動したとされている。

今回発表された新方針では、英通信会社のBT Scotlandに対し、スコットランド自治政府に加え、欧州地域開発基金(ERDF: European Regional Development Fund)からのUK500万ポンドの資金援助がなされることで、スコットランド各地の計378の電話交換局舎において、ブロードバンドを提供するためのシステム構築が可能になるという。北部のシェトランド諸島から、南部のボーダーズ地方に至るまで、これまで採算性などの問題から、民間事業者だけでは高速インターネットサービスの提供が困難だった地域がカバーされることになり、同地域に居住する約51,000世帯が、年内にブロードバンドを利用できるようになるとされている。

企業省担当のJim Wallace大臣は「2005年中にスコットランドの全地域へブロードバンドを提供するとの目標が掲げられ、順調に目標達成に向けて進むことができている。生活の多方面に良い影響をもたらすこの(ブロードバンドという)技術的恩恵を享受することから、ただ田舎に住んでいるというだけの理由で除外される事態が生じないようにせねばならない」とコメントしている。

なお、新たにカバーされる378局舎のうち、148局舎では最高通信速度が512Kbpsに限定されるとの説明もなされており、BT Scotlandがカバーしきれなかった西部のウェスタンアイルズ州では、英Connected Communitiesがワイヤレスブロードバンド通信で対応する予定になっているという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事