日本AMD、「Athlon 64 X2」などデュアルコア製品を国内でも正式発表

  [2005/04/22]

米AMDがデュアルコア製品の発表を行ったが、日本AMDも22日、都内にて「AMD64デュアルコア・テクノロジ発表会」を開催し、「デュアルコアOpteronプロセッサ」および「Athlon 64 X2デュアルコア・プロセッサ」を国内向けに改めて発表した。デュアルコアOpteronは4~8wayシステム用の800シリーズが即日出荷され、2wayシステム用の200シリーズが5月末より出荷される。Athlon 64 X2は6月出荷予定としている。主な仕様と1,000個ロット時の価格は以下の通り。

デュアルコアOpteron
モデル クロック L2キャッシュ 価格
865 1.8GHz 1MB×2 166,540円
870 2.0GHz 1MB×2 236,390円
875 2.2GHz 1MB×2 291,390円
265 1.8GHz 1MB×2 93,610円
270 2.0GHz 1MB×2 115,610円
275 2.2GHz 1MB×2 142,890円
Athlon 64 X2
モデル クロック L2キャッシュ 価格
4200+ 2.2GHz 512KB×2 59,070円
4400+ 2.2GHz 1MB×2 63,910円
4600+ 2.4GHz 512KB×2 88,330円
4800+ 2.4GHz 1MB×2 110,110円

発表会でオープニングスピーチした同社代表取締役社長の堺和夫氏は、今回の製品は「『真性』デュアルコア・プロセッサであり、デュアル・ダイでもデュアルCPUでもない」とアピール。AMD64アーキテクチャは開発当初よりマルチコア化を想定して設計していたことを強調し、既存マザーボードとの互換性や熱設計の面で有利であると述べた。

日本AMD代表取締役社長の堺和夫氏

「真性」デュアルコアであると強調

デュアルコアOpteronおよびAthlon 64 X2は、90nmで生産される2つのプロセッサコアをダイ上に搭載し、システム側とのインタフェース部分は2コアで共有しているのが特徴。940ピン(Opteron)・939ピン(Athlon 64)ソケットを持つ既存マザーボードのBIOSをアップデートするだけで対応可能といい、デュアルコア化しながらも発熱は従来の熱設計枠に収めているため、クーラーなどの変更も必要ないとされている。同社の試験結果によれば、2way構成のOpteronサーバでSPECjbb2000ベンチマークを実行した場合、Opteron 275(2.2GHz・デュアルコア)ではOpteron 248(2.2GHz・シングルコア)に比べて87%のスコア向上が得られたという。

コア間の通信にFSBを使わないためボトルネックになる部分が少ないとしている

2プロセッサ構成のOpteronサーバを用いたベンチマーク結果

デュアルコアOpteronの概要

Athlon 64 X2の概要

また、発表会ではAMDのパートナー企業としてマイクロソフトおよびOSKが、AMDの64bitおよびデュアルコア技術に対する支持を表明。マイクロソフトは、Windows Server 2003およびWindows XPのx64 Editionが発売目前となっており、AMD64との組み合わせで、既存の32bit資産を活かしながら64bitアプリケーションを快適に実行できる環境が整うと述べる。OSKは、Opteron 246(2GHz・シングルコア)+Windows Server 2003 32bit版からOpteron 275(2.2GHz・デュアルコア)+Windows Server 2003 64bit版に移行すると、同社のグループウェア「EasyPortal」でActiveDirectoryの検索を行う際の時間がおよそ半分になるとの試験結果を示した。

OSK「EasyPortal」からActiveDirectoryを検索すると、64bit+デュアルコアのOpteronでは顕著な時間短縮が見られる。メール受信やスケジュールチェックが大量に発生する朝の出社時間帯での処理などに余裕が生まれるとしている

今後AMDではデュアルコア製品の拡充を行っていくとしているが、アプリケーションによってマルチコア化によるメリットの大きさは異なっているため、製品のポジショニングによりデュアルコアの採用スケジュールは変わってくる。例えば、現在の3Dゲームではマルチコア化によるパフォーマンス向上が得られにくいため、ハイエンドゲーマー向け製品の「Athlon 64 FX」は当面シングルコアを採用し、クロック周波数を向上させることでパフォーマンスアップを図っていく予定としている。

また同日、日本ヒューレット・パッカードが、4wayラックマウント型サーバ「HP ProLiant DL585」、4wayブレード型サーバ「HP ProLiant BL45p」で、デュアルコアOpteron搭載モデルを受注開始するなど、各ベンダーからも搭載製品が市場投入される。

TYANのOpteron用マザーボード「S2895」。ワークステーション向け製品でSLIに対応

同じくTYANの8wayサーバ用マザーボード

サン・マイクロシステムズが参考出展していたサーバ製品はOpteron 875を搭載。クーラーが取り外されておりプロセッサを間近に見ることができた

リオワークスはOpteron対応マザーボード・メモリ・電源などの取扱いを開始。デモ画面では2way×デュアルコアで4スレッド動作が確認できる

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー
【レポート】マリオと共にソニック25周年を祝う -「ソニック25周年 アニバーサリーパーティー」
[22:29 6/26] ホビー
MF文庫J、6月新刊は8タイトル! 『ハイスクール・フリート』公式スピンオフ
[22:20 6/26] ホビー
[橋本愛]熊本の復興支援に「お手伝いできた」 「うつくしいひと」チャリティー上映で
[21:35 6/26] エンタメ
夏乃あゆみ新作は、祇園祭が題材の和風バディもの「祇園祭に降る黒い花」1巻
[21:19 6/26] ホビー