Firefox 1.0.3リリース - 重要度の高いセキュリティホールを修正

海上忍  [2005/04/18]

Mozilla Foundationは、最新のセキュリティ対策を施したWebブラウザ「Firefox 1.0.3」をリリースした。現時点ではソースコードのほか、WindowsとMac OS X、Linux(x86)を対象に、日本語版を含む16カ国語に対応したバイナリパッケージが提供されている。Firefoxと共通のコードを使用しているインターネットスイート「Mozilla 1.7.7」も同時に公開された。

今回のバージョンアップは、FirefoxおよびMozillaスイートに発見されたセキュリティ問題への対応が中心。ブックマークアイコン(favicon)のタグを悪用したJavaScriptコードの実行、サイドバーからの任意のコードの実行、DOMプロパティを上書きすることによる特権の悪用、という重要度が「最高」に分類される脆弱性の問題など、計9種のセキュリティホールが修正された。

FirefoxとMozillaは、同じHTMLレンダリングエンジン「Gecko」を採用したWebブラウザ。Mozillaにはメールクライアントやアドレス帳などの機能も同梱されているが、動作の軽さなどの理由により、Webブラウジングに特化したFirefoxが高い支持を集めている。なお、Mozillaスイートは1.7.x系列が最後のリリースとなる予定。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Mophie、iPhone 6/6sシリーズ用のワイヤレス充電対応バッテリーケース発表
[10:44 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016(番外編) - 今年は美人系のお姉さん多し!! コンパニオンさん写真特集 ~開幕版
[10:34 6/1] パソコン
NTTデータと日立造船、IoTを活用した遠隔監視技術確立に向け実証実験
[10:31 6/1] 企業IT
【特別企画】今さら聞けないIT資産管理 (9) ちょっと待って! ソフトウェアのライセンス管理(応用編)
[10:30 6/1] 企業IT
MySpaceから漏れた可能性があるパスワードトップ55
[10:30 6/1] 企業IT