Firefox 1.0.3リリース - 重要度の高いセキュリティホールを修正

海上忍  [2005/04/18]

Mozilla Foundationは、最新のセキュリティ対策を施したWebブラウザ「Firefox 1.0.3」をリリースした。現時点ではソースコードのほか、WindowsとMac OS X、Linux(x86)を対象に、日本語版を含む16カ国語に対応したバイナリパッケージが提供されている。Firefoxと共通のコードを使用しているインターネットスイート「Mozilla 1.7.7」も同時に公開された。

今回のバージョンアップは、FirefoxおよびMozillaスイートに発見されたセキュリティ問題への対応が中心。ブックマークアイコン(favicon)のタグを悪用したJavaScriptコードの実行、サイドバーからの任意のコードの実行、DOMプロパティを上書きすることによる特権の悪用、という重要度が「最高」に分類される脆弱性の問題など、計9種のセキュリティホールが修正された。

FirefoxとMozillaは、同じHTMLレンダリングエンジン「Gecko」を採用したWebブラウザ。Mozillaにはメールクライアントやアドレス帳などの機能も同梱されているが、動作の軽さなどの理由により、Webブラウジングに特化したFirefoxが高い支持を集めている。なお、Mozillaスイートは1.7.x系列が最後のリリースとなる予定。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯