ピクセラ、HD番組をそのまま録画可能なデジタルチューナーボードなど発表

 

ピクセラは31日、ハイビジョン放送をそのままの品質でデジタル録画できる地上デジタル放送対応テレビキャプチャボード「PIX-DTTV/P1W」を発表した。PCメーカー向けのOEM製品で、4月末より出荷開始される。また、同じくOEM製品として、MiniPCIスロット用の小型テレビキャプチャボード「PIX-NTTV/P5W」が発表され、こちらは5月以降に出荷される予定。一般コンシューマー向け製品としては、テレビチューナーを2基搭載するとともに画質を追求したPCIスロット用キャプチャボード「PIX-MPTV/P8W」を発表、オープン価格で5月発売予定。実売価格は2万円台後半の見込み。

OEM向けのハイビジョン録画対応テレビキャプチャボード「PIX-DTTV/P1W」。地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタルに1枚で対応可能

地上デジタル放送をPCのHDDへ録画する製品はこれまでもいくつか存在していたが、録画時にハイビジョン放送が従来放送のフォーマットへ変換されたり、PCのウィンドウ内に表示できなかったりと制限があった。PIX-DTTV/P1Wでは、受信したデジタル放送の暗号化(MULTI2暗号)を解いた直後に再度独自方式で暗号化することで、PCで録画したデジタル放送番組は同じPCでないと再生できない仕組みを実現した。つまり、録画データのコピーや移動を行っても他のPCでは暗号化を解くことができない。これにより電波産業会(ARIB)の標準規格に準拠し、ハイビジョン放送の画質を落とすことなくPCのソフトウェア上で録画・再生が可能となった。

実際の使用には、他のアプリケーションがストリームを横取りすることなどを防ぐため、PC本体側にも特殊な対応が必要といい、従来のPCにこのボードを装着してもデジタル放送の録画が可能になるわけではない。対応方法については、OEM先(PCメーカー)との間で個別に検討されるという。

最大の特徴は暗号化技術によるコンテンツ保護システム。デジタル放送の暗号化を解いた直後にボード上で独自の暗号化を行う。データをコピーしても他のPCでは再生できない。とはいえ、再生するためにはどこかで完全に暗号化を解除する必要があるので、ARIB規格に準拠するためには、その際にストリームが横取りされないための対応がPC本体側にも必要になる

同社では、民生機で難しいストレージの増設や、データ放送とインターネットの連携が容易といった点で、PCこそデジタル放送に向いたプラットフォームであると強調。ハードウェアだけでなく、データ放送用のブラウザやハイビジョン用デコーダなどもあわせて自社開発し、PCによるデジタル放送視聴のメリットを最大限享受できる環境を整えていくとしている。

シリコンチューナーやPC初搭載のデコーダなど新デバイスを続々採用

もうひとつのOEM向け製品であるPIX-NTTV/P5Wは、同社などが出資して昨年設立した開発会社・RfStreamのシリコンチューナー「TA500ST」を搭載したMiniPCIスロット用ボード。TA500STは、同社がこれまで一般的なチューナーボードに採用してきた缶型のチューナーに比べて大幅な小型化および省電力化(1000mW→280mW)を実現した。ボード上には富士通製の新型MPEGエンコーダーチップ「MB86395」をあわせて搭載し、小型ながらハードウェアエンコードが可能。

ノートPCに内蔵可能な小型・低消費電力のMiniPCIキャプチャボード「PIX-NTTV/P5W」

今回発表された製品の中では一般ユーザーが店頭で購入できる唯一の製品となるPIX-MPTV/P8Wは、アナログテレビチューナーを2基搭載し2番組同時録画が可能なハイエンドモデル。PC向け製品への搭載は初となる、パイオニア・マイクロ・テクノロジー製の10bitビデオデコーダチップ「CM0041AF」を同じく2基搭載し、ピクセラでは「高級家電並の超高画質」での録画が可能になったとしている。MPEGエンコーダにはViXS製「XcodeII-L」を採用し、1チップで2番組同時エンコードが可能となっている。製品には2番組同時録画・視聴に対応したソフトウェア「StationTv G2」が付属し、同社がナノ・メディアおよび加賀電子と共同企画開発したEPGサービス「REC Station」が利用可能。番組検索、予約録画といった操作がマウスや付属のリモコンから快適に行えるほか、携帯電話などからの遠隔予約録画にも対応する。

高画質で2番組同時録画可能な「PIX-MPTV/P8W」

パイオニア製DVDレコーダー以外では初の採用という10bitビデオデコーダ「CM0041AF」

左の画面がPIX-MPTV/P8Wを利用して録画したもの。深みのある色で細部まで鮮明な映像が得られている

マウスだけでなくリモコンでも操作しやすい視聴・録画ソフト「StationTv G2」

携帯プレイヤー、6番組同時録画マシンも予定

そのほか今後投入予定の製品として、モバイル向け地上デジタルテレビ放送と地上デジタルラジオ放送の受信に対応したポータブルメディアプレイヤーが発表された。同社では1セグメントのデジタルテレビ放送および1セグメント・3セグメントのデジタルラジオ放送に対応する受信モジュールを開発しており、これを携帯電話、ポータブルテレビ、カーオーディオ、PCカードといった携帯機器向けに提供するとともに、自社でもメディアプレイヤーのような応用製品に取り組む。

1・3セグメントデジタル放送が受信可能なポータブルメディアプレイヤーの試作品。MP3や動画、画像などの再生機能も持たせる予定という

PCカード型の1・3セグメントデジタル放送受信機

また、アナログテレビ放送6チャンネル同時録画が可能な据置型PC「RecALL」を開発していることも明らかにされた。試作機ではWチューナーのボードを4枚、250GBのHDDを4台搭載し、6番組の同時録画および2番組のライブ視聴が可能となっていた。発売時にはAV機器として設置しても違和感のない流線型のデザインを予定しているという。9月の発売予定で、価格は30万円台後半を目指す。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[マジプリ阿部周平]東海発のアイドルがプロボクサー目指し「畑中ジム」入会 芸能活動と並行
[02:00 7/25] エンタメ
[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ