デルが1.14kgの軽量"ウルトラモバイル"ノートブック発売

 

デルは31日、セキュリティチップTPM1.1を搭載したB5モバイルノートPC「Latitude X1」の販売を開始すると発表した。最小構成価格は18万5,850円。IEEE802.11b/gおよびBluetooth機能を標準で備えるほか、外付のDVD-ROMドライブも同梱される。

Latitude X1

電源ボタンは右側面に配置されている

Latitude X1のきょう体サイズは286(W)×196.8(D)×25(H)mm、重さは最少構成時で1.14kg。液晶モニタには12.1型ワイドアスペクトディスプレイ(WXGA 1,280×768ドット)を、外観の素材にはマグネシウム合金を、ACアダプター(50W。Dシリーズとの共有も可能)には約400gの軽量モバイルサイズをそれぞれ採用した。また、本体裏面に設けられたStrike Zoneが衝撃を吸収し、システムのオン/オフを問わずハードディスクドライブを保護するという。

バッテリ駆動時間は、標準装備の3セルスマートリチウムイオンで約3~3.5時間、オプションの6セルスマートリチウムイオンで約5~6.5時間程度(いずれも同社独自計測による)。CPUはPentium M 超低電圧版 733(1.10GHz)を、チップセットはグラフィック機能内蔵のi915GMS Expressを、メモリは256MBをオンボードで標準搭載し、HDDは30/60GB(Ultra ATA/100 4200RPM)から選択が可能。オプションでは、256/512MB/1GBの増設メモリが、外付けの光学式ドライブに関しては、標準のDVDV-ROM以外に、CD-RW/DVDコンボ、DVD±RW、FDD、40GBセカンドHDDが用意される。

そのほか、セキュリティ関連機能として、物理的な盗難を防止するセキュリティロックスロットや、内部データを保護するWindows XP Professional連動のセキュリティチップTPM1.1(出荷時はOFFの状態。Windows XP Home Editionは非対応)を搭載。基本性能と合わせて、出張や外出が多いユーザーに優れた機能と携帯性を提供するという。

インタフェースは、USB2.0×2(うち、1つはPowered USB)、VGA、IEEE1394、10/100/1000 Base-T Ethernet LAN、RJ45、RJ11、マイク入力/ヘッドフォン、スピーカ出力、SDカードスロット、CFカードスロットなど。

同社では、「日本を始めとするアジアを目指したといっても過言ではない、これまでにないライン」と評価。「特に、デバイスや重量に関する意見をフィードバックした、デルにしては珍しく、トレンドを見据えた製品」としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事