産学連携、マイクロソフトがさらに強化へ、青学、九大、早大で講座開設

 

大学などの教育機関や地方自治体との連携を強化しているマイクロソフトは、青山学院大学、九州大学、早稲田大学の3大学とともにIT関連の講座を4月から開設する。セキュリティや知的財産、組み込みソフトウェアなどの領域の人材育成を目指す考え。

同社はもともとアカデミック分野などでの産学官の連携を進めており、たとえば今まで広島大学でアクセシビリティ・セキュリティ人材育成、北海道大学でITトップガン人材育成寄附講座、東京大学・千葉県とアドバンストITベンチャー育成事業--などを手がけている。またICT教育推進プログラム協議会として、学校向けにOS無償プログラム、リサイクルPC寄贈プログラムを実施してきた。

さらに教員向けにスキルアッププログラムとしてテキストを作成するなどしているほか、「マイクロソフト知的財産研究助成基金」、情報・研究用ライセンス、日本学生科学賞などのイベントへの協賛、Imagine Cup、The Student Dayといった学生向けイベントの主催など、さまざまな取り組みを実施してきた。

先月からは、Microsoft Research Asiaの和田肇氏が日本に常駐、今まで国内での取り組みが遅れていた、海外研究者同士の交流やMicrosoft Research主催のイベントなどを国内向けにも広く訴求していく。ちなみにMicrosoft Researchの研究者が国内に常駐するのは初めてだそうだ。

アカデミック分野に向けた取り組みの一環として今回発表された講座は、青学ではIT関連の知財に関する講座を開設。4月から7月の間に13回の講義・演習、2回の講演が実施され、そのうち4回の講義・講演を同社の役員・社員が行う予定だ。

九大では、実エンベデッドソフトウェア開発工学講座を開講、九大とルネサスソリューションズの連携講座に対してマイクロソフトが協力する、という体裁をとる。4月から2008年3月までの3年間にわたって実施、社員を講師として派遣する。

早大では、コンピュータセキュリティ分野の人材育成を狙う寄附講座を開講する。4月から2006年3月まで、Windowsの内部構造にまで踏み込むオペレーティングシステム実装論、Windowsのセキュリティ技術の基礎やセキュアなプログラミング、セキュリティ動向などまで、幅広く基礎から実践までを講義する。

マイクロソフトでは、人材育成の観点から、今後も産学の連携を強化する方針で、来年4月の時点で、寄附講座を開講する大学を増やしていきたい考えだ。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
なかはら・ももた「買われた星」地方の和菓子職人と東京から来た社長のBL
[22:55 6/29] ホビー

求人情報