正太郎気分で操縦する鉄人28号、大阪・RooBOが開発・販売

 

3日、大阪市の次世代ロボット開発ネットワーク「RooBO」の会員企業であるヴイストン、ロボ・ガレージ、サンパック、三和電子機器の4社が2足歩行ロボットを共同開発したと発表した。今回発表されたロボットは、人気漫画「鉄人28号」を忠実に再現したホビー系のヒューマノイドロボットで、大きさH380×W185×D140(mm)、重量2.5kg。自由度は脚が5自由度、腕が3自由度、腰が1自由度で、専用コントローラーを使って操縦することができる。

ヴイストン、ロボ・ガレージ、サンパック、三和電子機器の4社が共同開発した「鉄人28号」

三和電子機器が開発した小型8チャンネルのロボット専用コントローラー。12種類の周波数が設定できるため、最大12体まで同時に遊ぶことができる

RooBOとは、財団法人大阪市都市型産業振興センターのロボットラボラトリーに事務局を持つ企業ネットワークで、2004年6月23日に約40社により設立され、現在では約120社が所属している。設立目的は、複数企業が連携することで、新たなロボット開発の効率化に取り組み、次世代ロボットの企画・設計から生産まで総合的に対応していこうというものだ。

鉄人28号はご存知の通り、漫画家・横山光輝氏の作品で、1956年に月刊「少年」で連載されたのが最初である。その後、1963年にTVアニメとして放送が始まり、当時、鉄腕アトムと並んで高い人気を誇った。その実写版の映画「鉄人28号」が今年3月19日より松竹系で全国ロードショーされる予定で、今回発表された同製品は、そのタイアップ企画として開発、製造販売されるというもの。

価格は、ロボット本体の組み立てキットとソフトウェア、説明CDが付いたものが28万円(税別、以下同)。また、専用コントローラーとニッケル水素電池、充電器といった専用アクセサリーキットが5万5,000円となっている。本体のみでも動くが、少年時代、コントローラーを使って鉄人28号を操縦する"正太郎君"への憧れを抱いて育った40代~50代の鉄人28号世代にとっては、専用コントローラーは必須アイテムと言えるだろう。その場合、合計33万5,000円で、少年時代の夢が現実のものになることになる。ただし、大きさはアニメで想定されているスケールの50分の1。

大きさはアニメで想定されているスケールの50分の1

経済産業省の報告によれば、2020年度にはヒューマノイドロボットを中心とする家庭用ロボットの市場は3兆円規模になるといい、3月に開催される愛・地球博(愛知万博)でも多くのロボットの出展が予定されている。また、今年7月には、自律型ロボットによるサッカー競技大会「ロボカップ」世界大会が大阪で開催される予定だ。

そんな中、総合プランニングを行ったサンパックの金井進氏は、「40年以上前の、鉄人28号を実際に操縦してみたいという夢をやっと実現できる時代になった。(「鉄人28号」の)映画のロードショーを機に、実際に作ってみようということで、一緒に夢を実現してくれそうなパートナーを検討し、声をかけた結果が今回の発表につながった」と、開発の経緯を説明した。

そうして選ばれたのが、まず、ロボットテクノロジーにおいて、ロボカップジャパンオープン大阪2004で優勝し、ロボカップ2004リスボン世界大会で完全制覇を果たした実績を持つヴイストン。同製品の製造販売・開発を担当する。また、製作監修に関しては、米Time誌の紙面を飾ったヒューマノイドロボッド「クロイノ」の製作者でロボットクリエーターの高橋智隆氏が代表を務めるロボ・ガレージが、ロボット専用コントローラーに関しては、ラジコンのコントローラーやTV、シャッターなどのリモートコントロール機器の製造販売を行う三和電子機器がそれぞれ担当した。

また、ロボットの主な特徴としては以下の5つを挙げている。

(1)自分の手で作り上げる組み立て式
(2)新しく自然な歩き方「SHIN-Walk」
(3)独自プログラムの作成が可能
(4)新設計ロボット専用8チャンネルリモコン
(5)進化するモーションデータの提供

(1)に関しては、組み立て式であるため、ロボットの構造を理解しつつ自分で作り上げる喜びを得ることができるという。基本的には高校生以上を対象としており8時間程度で完成させることができるとのこと。(2)に関しては、今までのロボットは膝が曲がった不自然な状態で歩行していたが、ロボ・ガレージの高橋氏が開発したSHIN-Walkにより、膝を伸ばした状態での歩行が可能となり、より自然で元気良く歩いているように見えるという。また、これにより、キャラクターの世界観がより忠実に再現できるようになったとしている。

(3)に関しては、モーション編集専用ソフトウェアを開発、同梱したことで、独自の動作を簡単にプログラミングし、ロボットの複雑な動きも直感的な操作で作成できるようになったとのこと。(4)に関しては、三和電子機器が小型8チャンネルのロボット専用コントローラーを新開発。12種類の周波数が設定できるため、最大12体まで同時に遊ぶことができるほか、操作ボタンも誰にでもわかりやすい簡単設計になっているという。(5)に関しては、今後、Webサイト上で順次新しいサンプルモーションを紹介し、オーナーはそれを自由にダウンロードしてモーションの進化を楽しめるようになるというもの。

肝心の購入方法であるが、現在のところ、インターネットによる予約販売のみで、今回、製造販売・開発を担当したヴイストンのWebサイトから注文を受け付け、注文が確定した際に予約金を支払い、納品時に残金を支払うという流れ。仮注文受付は3日午後からで、200体の注文が確定次第、生産手配を行うとのこと。逆に、注文が200体に満たない限り、生産手配は行われないわけだが、同社では、4月末頃には生産開始が行えるようになると見込んでいる。また、その場合の初回生産分の納品開始は6月としている。

動画
膝を曲げない自然な歩き「SHIN-Walk」が特徴。同梱のソフトウェアを使って独自にプログラムを作成すればオリジナルのモーションも実行可能(wmv形式 387KB 17秒)
もちろん歩くだけでなく、パンチなども出せる。駆動時間は約30分(wmv形式 413KB 17秒)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ
[中川翔子]ポケモン映画に10年連続でゲスト出演 「サトシの人生一人分!」の歴史に感無量
[20:37 7/24] エンタメ
[市川染五郎]「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」で初アニメ声優 「ギャップを楽しんで」
[20:19 7/24] エンタメ
ハルとアキ 第46回 自信なんてないよ
[20:00 7/24] ライフスタイル