米IBMがオープンソース団体に30以上のソフトウェアを寄付、PHP支援サイト開設

 

米IBMは2月25日(米国時間)、同社が抱える30以上のソフトウェア・プロジェクトを、オープンソース技術者コミュニティであるSourceForge.netへと移管することを発表した。また同日、プログラム言語のPHPを用いたWebアプリケーション構築を行うプログラマを支援するためのページを同社の開発者向けサイト「developerWorks」上に開設したほか、PHPプログラム開発者集団であるZend Technologiesとの提携も発表している。

SourceForge.netは、OSTG(Open Source Technology Group)の管理下にあるオープンソース開発者が集うコミュニティで、約9万6000のソフトウェア・プロジェクトが存在し、100万人以上のユーザーが登録を行っている。IBMでは、高速Javaコンパイラの「Jikes」や医療分野向けの解析アプリケーション「Life Science Identifier」など30以上の同社が抱えていたプロジェクトをSourceForge.netに寄付し、管理をコミュニティに任せていく意向だと述べている。

また同日、同社の開発者向けサイトdeveloperWorks上に、現在利用者が急増しているPHPを使ったWebプログラミングを支援するリソースセンターを開設したことを発表した。PHPは、データベースを使った高度なWebプログラミングが可能なオープンソースベースの開発言語で、多くのサイトや企業において、Webアプリケーション開発に利用されている。IBMのリリースによれば、現在そのシェアはWebプログラミング言語の40%以上におよぶと述べており、この波をさらに加速させるのが同社の目的だ。

この取り組みの一環として、IBMは米Zend Technologiesとの提携を発表している。ZendはPHPを使ったプログラム開発やサービス提供ではトップ企業の1つであり、今回の提携を通じて、IBMのCloudscapeというデータベース製品を使ったPHPベースの統合アプリケーションの共同開発を行っていく。IBMでは昨年2004年8月にも、「Derby」というCloudscapeの一種をWebサーバ「Apache」で著名なオープンソース・コミュニティのApache Software Foundationに提供している。IBMとZendでは、共同開発したソフトウェアを2005年第2四半期中にもIBMのdeveloperWorksで公開する予定だと述べている。

ここ数年、開発ツールのEclipseやLinuxなどに関連する特許の無償公開など、IBMのオープンソース・コミュニティに対する貢献は目ざましいものがある。直接的には利益にならなくても、コミュニティを支援することで開発者が集まり、最終的に優秀なアプリケーションやプラットフォームを生み出す土壌となる。IBMの狙いの1つは、ここにあると考えられる。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】iPhone基本の「き」 第204回 セキュリティ質問を使いたくないなら……「2ステップ確認」の仕組みと登録方法
[11:00 7/2] スマホとデジタル家電
貯蓄額がいくらあったら結婚できると思いますか?
[11:00 7/2] マネー
ドスパラ、秋葉原「GALLERIA Lounge」で大型サイネージ設置記念セール開催
[10:58 7/2] パソコン
【ハウツー】液晶に貼るフィルムは2タイプあるってどういうこと? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[10:00 7/2] スマホとデジタル家電
【特別企画】世界王者「かずのこ」選手が語る、PCで格闘ゲームをプレイするメリットとは?
[10:00 7/2] パソコン

求人情報