Suicaがケータイに - モバイルSuica、来年1月から、ドコモとauで

 

非接触ICチップ「FeliCa」を搭載したJR東日本のICカード「Suica」を携帯電話に内蔵する「モバイルSuica」が、来年1月からサービスを開始することになった。以前から搭載に向けた開発を進めており、今回、正式に搭載が決まったことになり、NTTドコモがサービスを開始するほか、KDDIも同時にサービスを提供する考えだ。またJR東日本、ドコモに加え、FeliCaを開発したソニーの3社で、今後さらなる利用範囲の拡大などを図っていく意向だ。

携帯電話で改札が通過できるモバイルSuicaが、いよいよ来年1月から開始へ

発表会では3社長がそろい踏みした(左からソニー・安藤国威社長、JR東日本・大塚陸毅社長、NTTドコモ・中村維夫社長)

モバイルSuicaは、Suicaの機能をすべて備えた携帯電話向けサービスで、ドコモのFeliCa搭載端末「おサイフケータイ」に搭載されることで、JR東日本への乗車などSuicaと同等のサービスが携帯電話で実現できる。昨年からJR東日本が実験を行っており、「2005年度後半」にサービスを開始する予定だったが、ほぼ予定通りの日程でサービスが開始されることになる。

モバイルSuicaでは、現在のSuicaで利用できる乗車券、定期券に加え、電子マネーを使った商品の購入ができる。モバイルSuica限定の新サービスとしては、携帯電話の通信機能を使った電子マネーのチャージや定期券の購入、液晶画面を使った残高・使用履歴の確認がいつでもどこでも行える。JR東日本は、2007年度に新幹線の電子チケット化を控えており、こちらもモバイルSuicaで利用可能にする方針だ。2006年度後半には、モバイルSuica内の電子マネーを使ったネットショッピングも検討されており、そのほかにもモバイルSuicaを活用した新サービスを検討しているという。

JR東日本の大塚陸毅社長は、「Suicaに通信機能と画面表示がプラスされた」点をメリットとしてあげ、Suicaの利便性が飛躍的に向上する、と利点を強調する。今後の新サービスとしては、モバイルSuicaで会員を募集して会費をもらったり、ポイント交換サービス、情報配信、クーポン券配信をしたり、さまざまな展開が考えられる、とする。

モバイルSuicaのメリットは通信機能と画面表示機能

さらなる拡大を目指すモバイルSuica

またモバイルSuicaでSuicaの利用が拡大することは、Suica事業だけでなく「鉄道事業でも大きな意味」(大塚社長)を持っている。「販売窓口にシステムチェンジが起きる」と大塚社長。券売機や窓口で切符を買う人が減ることで、設備の統合や駅構内のスペースが空くことが考えられ、そのスペースを新たに活用することも考えているそうだ。大塚社長は、「モバイルSuicaのもたらす効果は大変大きい」と期待を表明する。

現在、Suicaの利用範囲は拡大を続けている。2001年11月にサービスを開始して以降、2003年にはショッピングでも利用可能になり、JR西日本の非接触ICカード「ICOCA」との相互利用も実現。2006年には地下鉄や私鉄、バスでも利用可能になる予定で、あわせて利用店舗の拡大も進めていく。昨年10月には発行枚数1,000万枚を突破、電子マネー機能は現在1日で8万件の利用があるそうで、2008年度にはこれを400万件まで拡大させる。「Suica事業は(JR東日本にとって)第3の事業」(大塚社長)であり、そのコアを担うのがモバイルSuicaである、として、JR東日本では積極的に利用の拡大を図っていく考えだ。「おサイフケータイにモバイルSuicaが搭載されることで、お財布を超えて、携帯電話を超えて、まさに夢のインテリジェント端末に一気に進化する」(大塚社長)。

Suicaの発行枚数の推移

こちらはFeliCaの開発・導入年表

FeliCaの国内普及状況。ちなみにFeliCaはもう1つの非接触ICカード「Edy」にも搭載されているが、おサイフケータイにはEdy機能も含まれており、モバイルSuicaと共存できるので、利用範囲は大きい

ドコモのFeliCa搭載端末「おサイフケータイ」は、現時点で506/900/901シリーズで対応端末を提供しており、2月12日時点で200万台を突破、2005年度末には1,000万台を目標としている。ドコモはおサイフケータイの利用シーンを、コンビニエンスストアや自動販売機での電子マネー、空港での搭乗券、映画館の入場券、会員券やポイントサービス、マンションの鍵など、さまざまな場面で使えるように拡大してきた。利用店舗は14,000店を超え、ドコモでは携帯電話を「生活インフラ」へと発展させようとしている。生活インフラへの発展に向けてモバイルSuicaの登場は「非常に大きな第一歩」(中村維夫・ドコモ社長)だ。「Suicaと相乗効果を出して、モバイルSuica成功させたい」と中村社長は語り、モバイルSuicaにより「おサイフケータイの場面が大きく広がる」(中村社長)ことに期待を寄せる。

携帯電話にSuicaが搭載されることで、電子マネーのみならず定期券も内蔵されることになり、気になるのはセキュリティだ。「おサイフケータイ登場時でも問題になった」(中村社長)ことであり、おサイフケータイでは指紋認証での利用制限や、紛失時に遠隔地から電話をかけることで端末をロックする仕組みなどを導入、今後も「できる限りのことはしたい」(中村社長)考えだ。また大塚社長によれば、JR東日本側では、端末を紛失した場合、新端末を持参すれば定期券などの再発行手続きをするほか、新端末がない場合は払い戻しにも応じる。

「すでに7,000万枚以上のFeliCaチップを出荷しているが、偽造チップは1枚も出ていない」と、ソニーの安藤国威社長はFeliCa自体のセキュリティに自信を示す。データの暗号化や改ざん防止処理を備えているためで、80年代から開発を始めたFeliCaは、セキュリティとスピードを重視していたそうだ。その結果国内の交通系で幅広く採用されているほか、ショッピングではEdyとしても利用範囲を拡大、海外でも香港やシンガポールで利用されている。安藤社長は、生活に浸透した携帯電話とSuicaが融合することで、電子マネー市場のさらなる拡大を期待する。

気になる対応端末だが、すでに登場している900/901シリーズのおサイフケータイはすでにモバイルSuica対応で、モバイルSuica用アプリを導入すれば利用可能になるようだ。ドコモでは、今後は900系の主力端末には標準的な機能として展開していきたい考え。

JR東日本、ドコモ、ソニー3社の発表会にはSuicaイメージキャラクターの西原亜希さんも登場、モバイルSuicaへの期待を寄せた

今年3月からは200人の限定したフィールドテストを開始、システムの問題点の洗い出しなどを行う。Suicaの利用者では、改札機側にカードを押しつけるユーザーもいるが、携帯電話を使った場合は破損の危険もあるなど、従来にはなかった問題が発生する可能性がある。なお、現在Suicaが利用できるJR東日本以外の東京モノレールや、相互利用できるICOCAについては、今回のモバイルSuicaのフィールドテストでは利用できず、正式サービス時にそれらの鉄道で利用可能になるかどうかについては、現時点ではまだ決まっていないそうだ。その他のJR各社とも話し合いを進めているそうで、Suica/モバイルSuicaの利用範囲拡大を狙う。

ちなみに、JR東日本が要請しているFeliCaチップを端末の両面に内蔵することは、ドコモ側は難しいと考えており、モバイルSuica利用時には端末の表裏を確かめて、FeliCaチップが内蔵されている面を改札機側に向けないと、モバイルSuicaをかざしても改札を通過できない、といった事態が発生しそうだ。

モバイルSuicaについてはKDDIも導入に積極的で、すでにJR東日本と共同で開発を進めており、2006年1月までにFeliCaチップを内蔵した端末を出し、JR東日本のサービス開始と同時に、auでもモバイルSuicaサービスを導入する意向だ。

ボーダフォンについては、まだモバイルSuica採用は決まっていない、としているものの、大塚社長は他のキャリアにも声をかけているとしているほか、中村社長も、「ボーダフォンも(モバイルSuicaを)やっていくと考えている。携帯電話キャリア全体がやっていくことはウェルカムだ」と話しており、ボーダフォンも追随してくる可能性は高そうだ。

関連記事

ドコモ復活への4つの課題 - SH901iC発売決定と割引拡大で勢いに乗るか
[2004/11/26]
FOMA「901i」5機種発表 - 3Dサウンド、テレビ電子番組表搭載
[2004/11/18]
NTTドコモ、2004年度中間期は減収減益 - FOMAは700万目前、普及端末700iも
[2004/10/29]
「おサイフケータイ」は電池切れでも使えるのを知ってますか?
[2004/8/23]
FeliCa対応のおサイフケータイ、FOMA F900iCが8月7日発売
[2004/8/4]
"おサイフケータイ"普及へドコモが資金提供 - 初期投資費用を負担へ
[2004/7/29]
ハイテク屋台村! ~非接触ICカード「コピティアムカード」の挑戦~
[2004/7/28]
おサイフケータイ「SO506iC」が23日から発売
[2004/7/21]
ドコモ・中村新社長が会見「生活に役立つケータイを」
[2004/6/21]
"おサイフケータイ"、始まる - ドコモ、iモードFeliCaサービスを開始へ
[2004/6/16]
ケータイでSuica、2005年度後半から - 全キャリア対応の可能性も
[2004/4/13]
Suicaで買い物も可能に、JR東日本が3月22日から64駅196店舗で開始へ
[2004/2/10]
JR東日本、モバイルSuica検証実験を04年2月より開始 - 提供開始は1~2年後
[2003/12/19]
ケータイは財布となるか? ドコモ、FeliCa搭載携帯電話の実証実験開始
[2003/12/15]
FeliCa搭載携帯電話2004年にも - ソニーとNTTドコモが新会社設立で合意
[2003/10/27]
Suica、来春には電子マネー機能も追加、東北、上越新幹線にも今秋頃対応、
[2003/3/5]
タッチでピッと改札通過! 次世代ICカード乗車券「Suica」が本格デビューへ
[2001/10/22]
【レポート】広島より上京!? JR東日本、「Suica」を12月中に本格展開へ
[2001/5/31]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[後妻業の女]大竹しのぶが金持ち老人の財産を狙う女を熱演 ありそうな話にゾクッ
[22:23 8/26] エンタメ
[ひなこのーと]演劇コメディーマンガがテレビアニメ化
[22:12 8/26] ホビー
主人公は元かかし? 演劇コメディ『ひなこのーと』のTVアニメ化が決定
[22:02 8/26] ホビー
『ジョジョ』第4部、第22話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[22:00 8/26] ホビー
玖保キリコと吉谷光平の直筆サイン色紙当たる、ねこまみれ&いぬまみれ企画
[21:39 8/26] ホビー