PSPに簡単に音楽を転送できる「ネットジューク」の新製品

 

ネットジューク NAS-A10

ソニーマーケティングは、HDDを内蔵し、CDから取り込んだ音楽を携帯型音楽プレイヤーなどに簡単に転送できるネットワークオーディオ「ネットジューク NAS-A10」を3月15日から発売する。USB端子、メモリースティックスロットを備え、音楽配信サービスのエニーミュージックにも対応する。価格はオープンプライスで、実売想定価格は63,000円前後。

ネットジュークは、HDDやEthernet、メモリースティックスロットを搭載、CDのリッピングやネットワーク経由での楽曲のダウンロード、PC内の音楽ファイルの再生、メモリースティック対応携帯型音楽プレイヤーへの楽曲転送が可能なステレオシステム。第2弾となるNAS-A10では、新たにアダプタなしでもメモリースティックDuoに対応、PSP(プレイステーション・ポータブル)や携帯電話などでの音楽再生がより簡単になった。最大480Mbpsでの転送が可能なUSB2.0(Hi-Speed)にも対応しており、HDD搭載ネットワークウォークマンなどへ高速に転送できる。

内蔵するHDDは従来通り40GBで、ATRAC3(66kbps)時で約2万曲(最大約1,260時間)を保存可能。Gracenote CDDBの楽曲データを収録しているほか、インターネット経由で最新のデータを取得し、挿入したCDのアルバム名やアーティスト名、曲名が自動で登録できる。HDDへの録音では、リモコンのボタンを1回押すだけ、という「ワンボタンHDD録音」機能を備えている。

オーディオ機器向けの音楽配信サービス「エニーミュージック」を利用し、簡単なリモコン操作で楽曲の試聴からダウンロード購入、CDの予約・購入もできる。FM番組を聴きながら、放送されている楽曲情報を検索して、そこから楽曲を購入する、といったことも可能だ。

「ネットワークメディア」機能により、家庭などのネットワーク内にある同社製PC「VAIO」に保存してある楽曲にLAN経由でアクセス、ネットジュークから選曲やストリーミング再生を行うこともできる。ホームネットワークの標準規格「DLNAガイドライン」準拠のソフトがインストールされたPCであれば、VAIOでなくともストリーミング再生が行える。

そのほか、ファンクションの切り替えの高速化や画面表示の見直しなどの操作性も向上。きょう体デザインが縦型になり、設置場所の省スペース化も図られている。

HDDが対応するフォーマットはATRAC3 / PCM、CDは音楽CD / MP3、メモリースティックはATRAC3 / MP3で、HDDにATRAC3で音楽CDを録音する場合の録音速度は最大約8倍速。2WAYバスレフ、ウーファー10cm×1、トゥイーター4cm×1のスピーカーを備え、アンプの最大出力は10W×2。本体サイズは90(W)×315(H)×314(D)mm、約4.9kg。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT