東芝、3万円前半のHDDレコーダー「RD-H1」 - 直販専用、WEPGなども搭載

 

東芝は、同社初のHDD単体レコーダー「RD-H1」を直販サイト「Shop Toshiba(1048)」専用モデルとして発売する。

3月上旬より予約を受付開始、4月上旬からの出荷を予定する。価格は3万円前半を予定しており、DVDドライブ非搭載、直販のみにしたことで価格を抑えた。

直販専用モデルのHDD単体レコーダー「RD-H1」250GB HDD搭載

背面。D1/D2端子、LAN端子を備える

250GBのHDD、地上アナログ放送チューナー、イーサネットを内蔵し、「ネットdeナビ」などのネットワーク機能を搭載する。電子番組表はADAMS、iEPGの両方を併用できる「WEPG」を搭載、フォルダ機能、メールで予約するといった機能も上位のRDシリーズと変わらず備える。DVDドライブは搭載しないが、映像を残したい場合は、「ネットdeダビング」機能で、LAN経由で、同機能に対応し、DVDドライブを搭載するRDシリーズに移すことで残すことが可能。

同社では、HDDレコーダーを初めて購入する初心者ユーザーや、RDシリーズをすでに所有するユーザーの買い増し需要などを見込む。「DVDメディアに残さずに、番組を見たら消すといった使い方で充分なユーザーもいるはず」としており、従来のVHSで一本のテープに繰り返し番組を録画して視聴していたユーザーの、HDDレコーダーへの乗り換えも見込んでいる。

これまで市場では苦戦しているHDD単体レコーダーとの差別化について、価格を抑えている点と、低価格だが、WEPGや、ネットワーク機能など利便性を追求している点などを挙げている。

仕様

モデルRD-H1
HDD250GB
映像DAC10bit/54MHz
音声DAC192kHz/24bit
受信チャンネルVHF/UHF/CATV
入力端子S映像×2、コンポジット×2
出力端子S映像×2、コンポジット×2、D1/D2×1、デジタル音声光×1
重量3.9kg
サイズ430×58×362mm(ファン部含む)
消費電力23W、待機時3W以下
出荷時期3月上旬予約開始、4月上旬出荷予定
販売価格3万円前半予定(直販専用モデル)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】疲れた体を癒すには「食生活」の変化から! 今日から始めるフルーツLife
[15:29 9/30] 趣味
黒島結菜、リクルートスーツでドラえもんとコラボ! マイナビ広告キャラに
[15:27 9/30] エンタメ
[テラスハウス アロハ ステート]ハワイ版新メンバー6人発表 YOU&トリンドルを射止めたメンバーとは?
[15:23 9/30] エンタメ
東大とキュア・アップ、非アルコール性脂肪肝専用治療アプリの臨床研究開始
[15:20 9/30] テクノロジー
アサイー・チアシード入りのワンコイン朝メニューが新登場
[15:20 9/30] ヘルスケア