CN400チップセット搭載のMini-ITXマザーボードがCOMMELLから!

 

チップセットにVIAの「CN400」を搭載する、COMMELLのMini-ITXマザーボードが3種類発売になった。基本スペックは同じだが、グラフィック出力関連のオプションが異なる「LV-667」「LV-667D」「LV-667T」というもので、パソコンショップ アークでの価格はすべて29,800円。

これは「LV-667」

それぞれの違いはこちら

共通のスペックは、CPUがC3/1GHz、チップセットがCN400+VT8237、SATA、5.1chオーディオ、IEEE 1394、CFスロット、PCI、デュアルLAN、となる。チップセットのCN400は、発表自体はかなり前に行われているが、実際に店頭で発売になった搭載マザーボードはおそらく本製品が初めて。

C3のクーラーは分かるとして、思ったよりも小さいCN400のヒートシンク

Mini-ITXながら、バックパネルのインタフェースは充実

グラフィックはチップセット内蔵の機能が使えるが、各モデルごとに異なるオプションとして、LV-667はMini-AGPスロットが搭載、LV-667DはDVI出力用のPCIブラケットが付属、LV-667TはHDTV出力用のブラケット・ケーブルが付属、となる。

LV-667にはMini-AGPスロットが

LV-667DにはDVI出力用のブラケット

LV-667TにはHDTV出力用のオプション

共通してCFスロットも

Geode NXも発売に

また多くのショップで、AMDの新プロセッサ「Geode NX」が発売になっている。登場したモデルは「1750@14W」で、価格は7,000~7,500円前後。Geodeブランドといっても、中身は既報のように、ThoroughbredコアのモバイルAthlon XP-Mそのもの。まだ対応マザーボードの情報があまり伝わっていないが、売れ行きは好調のようだ。

Geode NX 1750@14W

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ASUS Vivobook E200HAを試す - 税込3万円台から買える11.6型軽量モバイルノートがパワーアップ
[05:00 7/26] パソコン
ウィル・スミス、3年ぶり来日決定! 悪党映画『スーサイド・スクワッド』PRで
[05:00 7/26] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの3枚目シングルがオリコン4位 発売初週に4.7万枚
[04:00 7/26] ホビー
『ラブライブ!サンシャイン!!』、Aqoursの3rdシングルがオリコン初登場4位
[04:00 7/26] ホビー
半導体センサの成長率は数量では2桁も金額では数%程度 - IC Insights
[03:28 7/26] テクノロジー