「必要十分な機能を搭載」 - 普及型FOMA 700iシリーズが登場

間もなく1,000万契約突破のFOMA。700iシリーズの投入で、普及にさらなる弾みがつくか

NTTドコモは、最新の機能を搭載した第3世代携帯電話「FOMA」の普及価格帯モデルとして、「FOMA 700iシリーズ」を発表した。FOMA 90xシリーズから機能を削減して低価格化を目指しつつ軽量化を図るなど、FOMAのさらなる普及を目指したモデルとなる。「F700i」「N700i」「P700i」「SH700i」の4モデルが用意され、まずF700iが2月10日から発売される。その後、今年度中に全モデルの販売が開始される予定だ。すべて価格はオープンプライスだが、実売価格はいずれも2万5,000円前後が見込まれている。

FOMA 700iシリーズとは

FOMA 700iシリーズは、数々の高機能を搭載して高度化した90xシリーズからいくつかの機能を省きつつ、「必要十分な機能を搭載」(ドコモプロダクト&サービス本部 永田清人プロダクト部長)した普及型モデル。機能を満載したため価格設定が高くなりがちな90xシリーズと比べて、機能を絞った分、端末の調達価格が「1万円程度」(同)下がるそうだ。

永田清人プロダクト部長

700iシリーズは体積、質量ともに小型

実際の大きさ(SH700i)。今までの90xシリーズと比べて、大きさよりも、軽さが目立つように感じる

そのほか、2月1日から901iシリーズ、700iシリーズでは、他社携帯電話、PCを含めて送信された大容量データの受信が可能に

さらに、OSはF700iがSymbian OS、N700iとP700iがLinux、SH700iがμITRONをそれぞれ採用、ソフトウェアとしては901iシリーズのものをそのまま流用して開発コストを圧縮するなどして、実際の販売価格も90xシリーズより低価格にできた、という。

700iシリーズ共通の機能としては、「キャラ電」にも対応したテレビ電話機能、メモリカード内の音楽ファイルを再生できる音楽再生機能、最大500KBの「着うた」「着モーション」対応、HTML形式でのメール作成、表示が可能な「デコメール」機能、メガピクセルカメラ搭載、「Gガイド番組表リモコン」搭載、QVGA液晶搭載、Flash対応、といった機能を備えており、この辺りは90xシリーズを踏襲。「本当に使いたい機能を絞り込んだ」(同)という。

大きな違いとしては、iアプリが「506iシリーズ同等」であり、900iシリーズから対応した、コンテンツサイズ(JAR)、データ記憶領域(スクラッチパッド)が合計500KBという大型の「パワーアップiアプリ」は利用できない点が挙げられる。また901iシリーズで共通機能として搭載された「3Dサウンド」機能が省かれたほか、カメラも2メガ、3メガといった、90xシリーズで使っているような高画素のものは搭載しない考え。同様に、小型化、コストなどをふまえて、非接触ICを内蔵するFeliCa機能も今回は見送られた。

そういった機能の削減によって、コストダウン、端末の小型化が実現。901iシリーズ全体の平均では、体積が106cc、重さが127gだったところを、700iシリーズではそれぞれ97cc、114gまで下げた。2月4日発売のP901iの約104gが現在の最軽量FOMAだが、P700iではそれを下回る約102g(予定値、以下すべて同)を達成した。

ドコモでは700iシリーズについて「スタイル」「コンパクト」「パフォーマンス」をコンセプトに掲げており、「親しみがあり、自分流のスタイルで持てる」(同)ことを強調、今までFOMAへ移行してこなかったユーザーの取り込みを目指す。端末コストが下がったことで、FOMAの高速な通信速度を利用したコンテンツの利用者を拡大し、「FOMA」としての競争力を向上させることが、今回の700iシリーズの狙いだ。

F700i

700iシリーズ第1弾端末となるF700i(富士通製)は、有効画素数128万画素のCMOSカメラを搭載。シンプルで優しい「ラウンド&スクウェア」デザインを採用した、としており、デザイン面では、3色用意された端末カラーに合わせて、待受画面・時計・電池アイコンなどを変更できる「トータルコーディネイト」機能を搭載する。さらにアニメーション映像と音楽に加え、背面ディスプレイが「癒し」に効果があるという1/fゆらぎの光を発する「リラックスモード」も備えた。

F700i

そのほか、サイドボタンを1秒以上押すだけで音量約80dBのアラームが鳴り響く「ワンタッチアラーム」、128kbpsのAACフォーマット対応で、端末を閉じた状態でも連続再生や音量調整などが行える音楽再生機能などを搭載。メインディスプレイは約2.2型のQVGA液晶、サブディスプレイは約0.9型(30×97ドット)のモノクロSTN液晶で、内側カメラは有効画素数32万画素のCMOSカメラだ。

本体サイズは100(H)×48(W)×25(D)mm、約122g、連続待受時間は約550時間(静止時)/約400時間(移動時)、連続通話時間は約140分、連続テレビ電話時間は約95分、対応する外部メモリはminiSDカード、本体カラーはホワイト/ピンクゴールド/ブラックとなっている。

N700i

Nシリーズで初めて着せ替えパネル「スタイルプラス」に対応したN700i(NEC製)は、スタイルプラスを装着しなくても利用できるほか、本体カラー3色に10種類のパネルを用意しており、あわせて最大33通りの端末デザインから選択ができる。デザインとしては、FOMAでは初めてディズニーキャラクターを内蔵、待受画面や音声・メールの発着信画面に設定できる点も特徴。

N700i

テレビ電話中に、画面に表示したハートなどのスタンプが、自分の顔の動きにあわせて動いて表現力を増す「デコレーションテレビ電話」、文字メッセージを自分の画像に重ねて送信できる「プチメッセージ」を備えており、テレビ電話を強化したモデルとなっている。

そのほか、メインディスプレイは700iシリーズで最大となる約2.3型QVGA+(240×345ドット)TFT液晶を搭載。サブディスプレイは1.0型(120×30ドット)モノクロSTN液晶、外側カメラは有効画素数103万画素CCD、内側カメラは有効画素数11万画素CCD、外部メモリはminiSDカードを採用。

スタイルプラスは全10種類

本体サイズは102(H)×48(W)×25(D)mm、約109g、連続待受時間は約430時間(静止時)/約350時間(移動時)、連続通話時間は約140分、連続テレビ電話時間は約90分、本体カラーは、標準で付属するスタイルプラスを加えて、シルバー×レザー/クリームチョコ×コズミックフラワー/ピンク×花吹雪の3パターン。そのほかのスタイルプラスは別売で、レザー/コズミックフラワー/花吹雪/KABUKI/SHAMO/マーブル/シャボン/ブーケ/グッピー/フロストの10種類が用意される。

P700i

シンプル、かつFOMA最軽量となるP700i(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)は、端末にテクスチャを彫り込むなどして手触りにもこだわった独特の「Texture & Relief」デザインが特徴。端末カラーごとにデザインが異なっており、メニューアイコンや待受画面もそれぞれカスタマイズできる。

P700i

iモードメール受信時や開封時に、本文にある絵文字からLEDが16種類の光り方をする「キラリメール」、開くだけで電話に応答できる「ワンプッシュオープンボタン」、有効画素数125万画素のνMaicoviconカメラなどを搭載。メインディスプレイは約2.2型QVGA TFT液晶、サブディスプレイは約0.9型(96×25ドット)モノクロSTN液晶、外部メモリはminiSDカードに対応する。

カラーごとに、それぞれ見た目が異なる。ピンクはテクスチャーが彫られていて独特な印象

本体サイズは102(H)×49(W)×22(D)mm、約102g、連続待受時間は約460時間(静止時)/約350時間(移動時)、連続通話時間は約140分、連続テレビ電話時間は約90分、本体カラーはピンク/シルバー/ブルーの3色が用意される。

SH700i

SH700i(シャープ製)は、シャープの液晶テレビ「AQUOS」と同じ技術を使った高画質の液晶「モバイルASV液晶」が特徴で、コントラスト比300:1、視野角上下左右160度を達成した。

SH700i

本体背面にあるカメラの角度と液晶の角度が同一となる「10° Slant Camera」の採用により、握りやすく撮影しやすい端末デザインを採用しているほか、「独立ムービーボタン」を備えたことで、ワンボタンで動画撮影モードに移行、録画・停止・保存が簡単に行える。また撮影動画を見ながらテロップ、アフレコなどを挿入できる「スピーディーラボ・ムービー」、miniSDカードに保存した複数の動画を、つなぎ目効果をつけて再生できる連続再生機能を搭載しており、ムービー機能を強化したモデルだ。

背面はカメラが強調されたデザイン

少々分かりづらいが、カメラ部と液晶部の角度が同一になっている

カメラは有効画素数126万画素CCDカメラ(外側)、有効画素数11万画素CCDカメラ(内側)で、メインディスプレイは約2.2型QVGA モバイルASV液晶、サブディスプレイは約0.6型(72×12ドット)モノクロSTN液晶、外部メモリはminiSDカードに対応。

本体サイズは108(H)×48(W)×28(D)mm、約122g、連続待受時間は約370時間(静止時)/約320時間(移動時)、連続通話時間は約130分、連続テレビ電話時間は約80分、本体カラーはホワイト/シルバー/ブラックの3色が用意される。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事