BayTSP、P2Pの海賊行為を突き止める新システム「FirstSource」を発表

米BayTSPは、P2P(Peer-to-Peer)ネットワーク上で行われる海賊行為の実態などを自動的に探り出す新システム「FirstSource」の発表を行った。著作権を侵害する犯罪行為の抑制に一役買うことが期待されている。

FirstSourceは、EDonkeyおよびBit TorrentのP2Pネットワークに対応するとされ、海賊行為の疑いがあるファイル名を発見すると、そのファイルの内容を確認するためのダウンロードを開始するという。著作権侵害などの問題が明確になれば、アップロードが行われたIPアドレスを自動的に記録するほか、違法ファイルのダウンロードや共有に関わっているユーザーの情報についても、ログの保存が行われるようだ。

すでに同社は、FirstSourceのテスト運用により、違法に配布されている数千枚の映画ファイルについて、アップロード情報の追跡に成功したとされている。FirstSourceは、海賊行為が特定された時点で、ネットワーク上の違法ユーザーに対して、どのように警告メッセージを送信するかも選択できるようになっているという。

同社CEOのMark Ishikawa氏は「海賊版の映画やソフトウェアがインターネット上に流されるのは、発売後数時間以内というケースが多いため、最初にアップロードされた時点で海賊行為を突き止めて、迅速な措置を取ることで、違法コンテンツが広まる速度を遅らせることも可能になる」とコメントしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事