Mozilla系Webオーサリングソフト「Nvu」がFirefox 1.0ベースに

 

Nvuプロジェクトは6日(現地時間)、Mozillaから派生したWebオーサリングソフト「Nvu 1.0 Beta pre-Release 2(Version 0.70)」を公開した。現時点ではソースコードのほか、WindowsとLinux x86(Linspire、Fedora2、Debian)、バージョン10.1.5以降のMac OS Xを対象としたバイナリが用意されている。

2004年12月に公開された最初のベータ版(Version 0.60)と比較すると、HTMLレンダリングエンジン(Gecko)がMozilla 1.7.1ベースからFirefox 1.0ベースに変更されたほか、デフォルトのキャラクタセットがただちに変更可能となるなど、多くの点で機能強化が図られている。現時点で公開されているファイルは少ないものの、エクステンションやテーマをインストールするための機能も動作するようになった。

Nvu(エヌビューと発音)はMPL/LGPL/GPL準拠のオープンソースソフトウェアであり、MozillaのHTMLエディタ機能(Mozilla Composer)をベースとしている。MozillaプロジェクトがWebブラウザとメールクライアントに資源を集中するよう方針を転換したため、外部のNvuプロジェクトへと開発が引き継がれた経緯がある。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事