メカジキ型とアカエイ型の低価格USBオシロ2種類が発売

 

USB Instruments(英EasySyncの一部門)製のオシロスコープ2製品が店頭に登場した。今回発売された製品は、「PS40M10 "Swordfish(メカジキ)"」と「DS1M12 "Stingray(アカエイ)"」の2種類で、どちらもUSBインタフェースでPCに接続して使用するタイプ。秋月電子通商での価格は、それぞれ33,400円、29,800円と、安価なのも魅力だ。

「PS40M10 "Swordfish(メカジキ)"」

「DS1M12 "Stingray(アカエイ)"」

Swordfishは、ペン型の製品。10ビットの1ch入力で、サンプリングレートは40MS/s。先端のプローブを外せばオーディオ用のRCAジャックになっており、オーディオ信号の解析にも簡単に利用できる。さらに付属のBNCジャックを介せば、通常のプローブも利用可能だ。

Swordfishはペン型

BNC用アダプタも付属

Stingrayは、12ビットの2ch入力に加え、1chの波形出力(兼トリガー入力)端子も装備する。が、サンプリングレートは1MS/sと、Swordfishよりも低速となっている。

Stingrayは3端子装備

プローブ2本も付属する

価格帯も近く、どちらが上位モデルというよりも、速度ならSwordfish、2ch必要ならStingray、というように用途によって選ぶ方が良さそうだ。両製品とも、USBバスパワー駆動に対応。オシロスコープ用の「EasyScope II」、データロギング用の「EasyLogger」といったソフトウェアが付属するほか、DLLインタフェースとサンプルコードも公開されており、利用アプリケーションを開発できるのもPC接続型オシロならではと言えるだろう。

「EasyScope II」の画面

その他の新商品

16×16の赤色LEDドットマトリクス。価格は1個700円。内面反射タイプで視野角が広いのが特徴で、JRなどの電光掲示板っぽいものが作れそう。ピッチは2.54mmで、通常のユニバーサル基板上に実装できる

年末恒例の「コンデンサ袋」も数量限定で販売中。価格は1袋500円。内容はそれぞれに異なっており、コンデンサのほか、コネクタ、LED、ICなども多数混じっている。掘り出し物もあるかも

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『THE FLASH/フラッシュ』強敵ゴリラ「グロッド」、フィギュアで登場
[20:30 9/28] ホビー
『まどマギ』一番くじに、ティーパーティーで魔法少女たちの部屋着姿が
[20:00 9/28] ホビー
作曲家・菅野祐悟に聞く『亜人』音楽の作り方 - 痛みや恐怖感を表現するためにドリルや包丁でギターを弾きました
[20:00 9/28] ホビー
あれは危険すぎる…『ガンダムZZ』30周年を記念しRAHDXハマーン様が限定復刻
[19:58 9/28] ホビー
PASMOのロボット、知名度の低さを嘆く - 自ら街角で名刺を配る営業活動開始
[19:57 9/28] ホビー