PCI-SIG、PCI Expressの最大転送速度を2倍の5Gbpsに拡張 - 2007年に製品化

 

PCI-SIG(Special Interest Group)は、PCI Expressの転送速度を現在の2.5Gbpsから、2倍の5Gbpsに拡張すると発表した。PCI Expressは、Intelが提唱し、PCI-SIGが仕様策定を進めているシリアル転送インタフェース。

今回の最大転送速度の拡張で、映画などマルチメディアコンテンツ、エンタープライズサーバやストレージなど、広帯域を必要とする用途に対応できるとしている。

PCI-SIGでは、2007年初頭には対応の製品のリリースが可能になるよう、2005年下期に新仕様を策定するとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン