Intel EM64T/AMD64対応「MIRACLE LINUX V3.0」発表

ミラクル・リナックスは、Intel Xeonに搭載された64ビットメモリ拡張機能「EM64T」およびAMDの64ビットアーキテクチャ「AMD64」などの最新64ビットCPUに対応した「MIRACLE LINUX V3.0 -Asianux Inside for x86-64」を、05年2月28日に出荷すると発表した。

64ビットCPUに対応した「MIRACLE LINUX V3.0 -Asianux Inside for x86-64」

64ビットOSでは、仮想メモリ空間の合計が1TBと、32ビットOSの4GBと比較して大幅に拡張されるため、大規模データベースやアプリケーションサーバなどのシステムの処理速度や信頼性が大幅に向上する。同社の測定では、同一マシン上でOracle 9i DBを使用してAsianux x86版とx86-64版で、データ量2,400万件(約3GB)、バッファキャッシュがx86で1.2GB、x86-64で3GBという条件で比較すると、x86-64が40%の性能向上があるという。

従来の32ビットバイナリは、同OSでも一部を除いて再コンパイルすることなく使用可能で、SJIS対応機能と合わせて、既存のソフトウェア資産を活用しながら移行できる。

同OSの特徴である日本語環境の充実に加え、O(1)スケジューラ、NPTL(Native Posix Thread Library)などの採用によるパフォーマンスアップ、EXT3に加えReiserFS、XFSなどのファイルシステムなどの採用によるファイルシステムの強化、Linuxの弱点であったカーネルのクラッシュダンプ、カーネルトレース機能などが強化されている。

同社は、同OSにより、データベースシステム、アプリケーションサーバ、テラバイト級ファイルサーバなどの用途で、既存のLinuxからのスケールアップやUNIXシステムからの移行、金融機関、官公庁などのミッションクリティカルな市場に本格的に参入する。

同OSの発表に合わせて同社のサポートビジネスの拡充についても発表された。最近のLinux環境は、インターネットの基盤を支えるエッジサーバとしての用途から、よりハイエンドでミッションクリティカルな領域での使用が拡大していることから、サポート期間を7年間に延長し、あらたにカーネルのクラッシュダンプの解析やそれに伴うパッチの提供などの障害対策を追加した「エンタープライズ・サポート」を新年1月1日から、必要に応じて1回限りで問い合わせに対応する「ワンショットサポート」、事前予約により時間外にも対応する「24時間サポート」などを4月1日から開始する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事