Mozilla Thunderbird 1.0正式版がリリース -日本語版は準備中

 

The Mozilla Foundationは6日(米国時間)、ネットワーククライアントソフト「Thunderbird 1.0」を正式にリリースした。現時点ではソースコードのほか、WindowsとLinux、およびMac OS Xを対象としたバイナリが提供されているが、いずれも英語版であり、日本語版については"準備中"とされている。

Thunderbirdは、Mozillaのメールコンポーネントを再構成したクライアントソフト。今回のバージョンでは、ベースとなるメールクライアント(POP3/IMAP対応)にRSSリーダとしての機能を統合したほか、ベイジアン理論に基づきジャンクメールを振り分ける「学習型 迷惑メールフィルタ」、設定された検索条件に一致するメッセージを表示する「Saved Searchフォルダ」を採用。Mozilla(1.x) やOutlook Expressなどのメールクライアントを対象とした移行支援ツールも提供するなど、充実した機能が特徴となっている。

現在公開されているバイナリ(英語)のシステム要件は、Windows版がWindows 98/Me/NT 4.0/2000/XP(XPを推奨)、Linux版がカーネル2.2.14/glibc 2.3.2/XFree86 3.3.6/gtk+2.0/xft/libstdc++5以上、Mac OS X版がMac OS X v10.1.x以上。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー