USB接続のセンサー"何でもあり"セットが登場、サーボモーターも付属

 

袋詰めの「Phidget Starter Kit #2」。内容は盛りだくさんだ

USB接続の汎用I/Oインタフェースボードは未だに種類が少ないのが現状だが、これに各種センサーやサーボモーターなどを一式揃えたキットが登場した。米Phidgetsの製品で、販売しているのはぷらっとホーム。価格は、フルキットの「Phidget Starter Kit #2」が49,800円、そのサブセットとなる「同 #1」が29,800円となっている。

Phidget Starter Kit #2は、(1)各種センサーとインタフェースボードがセットになった「Phidget Interface Kit Package #2」(2)サーボモーターとコントロールボードのセット「4-Motor Phidget Servo Kit」(3)RFIDリーダーのセット「Phidget RFID Kit」--の3キットがセットになったもの。

このうち、センサーのキットには、アナログ入力×8、デジタル入力×8、デジタル出力×8のインタフェースを持つUSBボード「Phidget Interface Kit 8/8/8」に加え、アナログ入力端子に接続する光センサー、温度センサー、力センサー、タッチセンサー×2、スライダー×2、回転ツマミ、ミニジョイスティックが付属。さらに、デジタルI/O端子用に、プッシュボタン×8、LED(緑・赤・黄)×各8も用意されている。


同梱されるPhidget Interface Kit 8/8/8。各種センサーは上側のコネクタに接続する

例えばこれは温度センサー(左)と光センサー。このキットに付属しないセンサーもまだある

各種センサーはこのように「駄菓子」状態でパッケージング

さらに、USB接続の2軸加速度センサーも付属される

またRFIDリーダーのセットには、リーダーボードのほか、30mmディスクタイプ×6、カードタイプ×2、キーホルダータイプ×2のRFIDタグも付属。サーボモーターのキットには、コントロールボードと、サーボモーター×4が添付されている。ちなみに、サーボモーターのキットは単体売りもされており、この4-Motor Phidget Servo Kitは14,800円、モーターが1つだけの1-Motor Phidget Servo Kitが4,800円となる。

サーボモーターのコントロールボード

付属するサーボモーター

全てのキットはUSBインタフェースに対応しており、制御は接続したPCから行うことができる。ライブラリはPhidgetsのサイトからダウンロード可能となっており、ユーザーはVisual Basic、C++、Delphiなどの環境から、任意のアプリケーションを開発することができる。価格は少し高めだが、各種センサーを使って高度なコントロールを行いたいときなどは、かなり重宝しそうな製品だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

高畑裕太容疑者の知人「みんな注意していた」- 小倉智昭、前日証言を明かす
[13:34 8/24] エンタメ
坂上忍、高畑裕太容疑者の行為「卑劣としか言いようがない」
[13:32 8/24] エンタメ
トレンドマイクロがセキュリティ動向を分析 - ランサムウェア感染が7倍に
[13:24 8/24] 企業IT
[山本耕史]「お子さん順調?」の声かけに笑顔でうなずく
[13:23 8/24] エンタメ
PowerShellをLinuxとMacにインストールする方法
[13:19 8/24] 企業IT