スピーカーを何本も置きたくないヒトに朗報 - 1ユニットで5.1chの再生が

  [2004/11/16]

ヤマハはYSP-1を発表した。YSP-1は、音波の干渉と反射を利用して5.1chの音声を1ユニットで実現する。価格は157,500円、12月の発売予定。

YSP-1(実際の製品は全面パンチングメタルのグリルで覆われている)。パイオニアにも「PDSP-1」(2002年12月下旬発売)という類似のシステムがあるが、こちらのほうが小型で安価となり、設置も容易

本体は重さ13.0Kg、外形寸法1,030(W)×195(H)×113(D)mmの直方体に近い形。前面のグリルの向こうに、2W・4cmの小型スピーカーユニットが40個、20W・11cmのユニットが2つ、アレイ状に配置される。これらの出力やユニット間の微妙なディレイにより音の「ビーム」を生成、壁に反射させることでリスナーの周囲を取り囲む音場を生成する。YSP-1では、5.1ch分の音声ソースに対応、2chステレオなどこれ以下のチャンネルソースについても対応している。設置する部屋の形状やYSP-1の設置場所、リスニングポイントなどにより、それぞれのビームについて出力や角度を調整することが可能で、多くの部屋やリスニング形態で5.1chの再生を可能としている。

奥行きもコンパクト。この中に42個それぞれのスピーカーユニットに対応したアンプが入っている。デジタル入力(3系統)や、設定のためのビデオ出力をもつほか、サブウーファーへの出力端子も備える。アナログステレオ入力も2系統備えている

壁掛けも可能(金具は別売)。42インチディスプレイと合わせてぴったりのサイズ。BS/地上デジタル放送、DVD、音楽CDなど多彩なソースを5.1chで視聴可能。リモートコントローラーも付属する

YSP-1は、従来のスピーカーを複数設置する5.1chオーディオとバーチャルサウンドによる疑似マルチチャンネルオーディオの中間に位置するものとして提供される。同社では、1ユニットの設置で済むことによる省スペース性や、配線の手軽さなどをメリットとしてフラットパネルディスプレイ(FPD)ユーザへの訴求を図る。幅103cmの本体も世界市場でポピュラーな、42インチディスプレイに合わせたものだ。

同社では今後日本や欧州の市場をにらみ、より小型なものへとサイズ展開を考えているという。また、価格帯について、FPDとのコンビネーションを念頭おいており、その価格帯を下回る30万・40万以下の価格帯でラインナップ展開を予定しているという。また、今後の展開としてOEM提供による他社製FPDなどへの組み込みも考えており、中期的には半分以上がOEMでの提供になるのでは、とする。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR