高速ブラウザ「Opera」、SlipStreamの圧縮技術でさらに加速

 

Opera Softwareは、次バージョンとなる「Opera 7.60」にナローバンド接続のデータ送信を高速化する技術を搭載する。

これはカナダのSlipStreamが開発したWebやEメールのアクセラレーション技術である。同社独自のデータ圧縮アルゴリズムを使い、ユーザーの通信状況に合わせて動的に圧縮率を調整しながらデータ送信を最適化する。ニュースやEコマース・サイトなど、内容が常に変化するサイトにも有効なのが特徴。通常のダイヤルアップやワイアレスによるナローバンド接続に比べて、Webブラウザの表示スピードが最大6倍向上するという。また、ワイアレス接続ではセキュリティの向上というメリットもある。

アクセラレーション技術を利用するにはISP側の対応が必要となるが、SlipStreamによると、NetZero、Juno、Wanadoo、Terra、AOL Canadaなど、全世界で900以上のISPで採用されているそうだ。

Opera 7.60は年内公開の予定となっている。プレビュー版は、IBMの音声認識技術「Embedded ViaVoice」を搭載しており、「XHTML+Voice Profile v1.2」および「CSS3 speech module」に対応するWebサイトで、音声コマンドを利用できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「受験うつ」の"サイン"、わかりますか?
[15:59 9/28] ヘルスケア
女になったKABA.ちゃん、目標はグラビア「女性の部分でできなかったことを」
[15:57 9/28] エンタメ
宇都宮LRT整備事業、国土交通省が正式に認定 - 2019年12月の運行開始めざす
[15:57 9/28] ホビー
山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー