アジア発のLinux「Asianux」、共同戦線に韓国のHaansoftも参加

大川淳  [2004/10/26]

アジア地域の特性に適合したLinuxの標準化を目指し、ミラクル・リナックスと中国のRed Flag Software(以下レッドフラッグ)が協力して展開してきた戦略に、韓国のHaansoft(以下ハーンソフト)が参加、同戦略に準拠したOS「Asianux(アジアナックス)」の共同開発作業に両社とともに加わる。10月21日、韓国・ソウルで正式合意した。各社は、北京にあるオラクル中国開発センター内に設置された「Linux 共同開発センター」に、開発者を派遣する。

提携に基づき、2005年1月には次期版「Asianux 2.0」の制作が開始され、2005年9月に市場投入する予定だ。Asianuxは、各国の状況にあわせ、それぞれ個別のブランドで販売することにしており、ハーンソフトは「Asianux 2.0」を「Haansoft Linux 2005」、レッドフラッグは「Redflag AS 4.2」、ミラクル・リナックスは「MIRACLE LINUX V4.0」として出荷、各製品名称には「Asianux Inside」のマークが使用される。

今回の合意について各社は以下のような論評を発表している。「市場を席巻している特定のプラットフォームから独立した、新しく信頼性の高いプラットフォームの確立を推進する」(ハーンソフト)、「ハーンソフトの参加により、『Asianux』が真のアジア標準Linuxとなることが可能になった」(ミラクル・リナックス)。

ミラクル・リナックスは、日中韓のGDP合計が今後、10兆ドル規模になることを視野に、欧米に次ぐ世界第3位の市場として期待しており、日中だけでなく韓国からの協力者もいずれ登場することを示唆していた。ハーンソフトは1990年に設立、韓国語圏のビジネスに最適化したワードプロセッサ「Hangul」を独自開発、高い実績を上げているという。同社の文字処理技術が「Asianux 2.0」開発で期待されている。

3社連合は、2バイト文字などの地域性や、各国政府が行政機関の情報システムについて、特定企業の単一技術だけに依存することを避けようとしている潮流を捉え、Asianuxをこの地域の標準としたい考えだ。Linuxの世界市場をみると、北米ではRed Hat、欧州ではSUSEが強く、アジアにはこれに匹敵するものがないことから、Linuxの第3極としての地位にすることを狙う。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Evernoteがプラン改定、有料プラン値上げ、無料ベーシックは端末2台までに
[05:31 6/29] パソコン
[竹中直人]劇場版ワンピースで2役に挑戦 「胸が踊った」
[05:00 6/29] ホビー
[真剣佑]「ピーチガール」実写映画でとーじ役
[05:00 6/29] エンタメ
真剣佑、『ピーチガール』で硬派男子に! 山本美月めぐり伊野尾慧と三角関係
[05:00 6/29] エンタメ
鈴木奈々・ヒロミ・劇団ひとり・ヒャダインらが"潜在能力"テストに挑戦
[05:00 6/29] エンタメ

求人情報