米Logitech、「diNovo」に手ごろな価格のRF接続モデル

 

米Logitechは、27MHz帯のRFデジタル無線を採用した「diNovo Cordless Desktop」を発表した。米国での価格は149.95ドル。Bluetooth接続の「diNovo Media Desktop」で好評だったフラットデザインを100ドル安い価格で提供する。

diNovo Cordless Desktopは、薄型キーボードとテンキーパッド、ワイヤレスマウス、USB接続の小型RFレシーバー、持ち運び用の専用ケースからなるセットだ。

キーボードやテンキーパッドからメディアプレーヤーを操作できるメディアコントロール機能を搭載。キーボードは、3つのホットキー(インターネット/メール&サーチ/メディア・コントロール)、ひんぱんに利用するアプリケーションへのワンタッチアクセスを可能にするFキー機能を備える。3行の液晶ディスプレイを装備したテンキーパッドは、計算機として利用できるほか、時間や温度の表示が可能。ワイアレスマウスは、無線接続に同社独自の「FastRF」テクノロジを採用、800dpiという高い解像度を実現する。

持ち運べるデスクトップ・キーボード&マウス「diNovo Cordless Desktop」

2.4GHz Micro-Receiverを採用した「V500」

Logitechはまた、ノートPC用ワイアレスマウス「V500 Cordress Notebook Mouse」も発表した。サイズは3.75×2.25×1.125インチ(9.5×5.7×2.9センチ)で、高さを調節できる。重量は2.3オンス(65.2グラム)。無線接続には2.4GHz帯の電波を使用する。4方向のスクロールパネルを装備。米国での価格は69.95ドルとなっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル