フルフラットのデザインケータイ「talby」 - 美しく、シンプルに

 

既報の通り、KDDI、沖縄セルラー(au)は、デザイナーとのコラボレーションによるデザインが特徴的な「au design project」モデルの第3弾「talby」を発表した。デザインはオーストラリアのプロダクトデザイナーMarc Newson氏で、前面がフラットのストレート端末となっている。第3世代携帯電話CDMA2000 1x端末で、現在auが力を入れるWIN端末ではなく、ダブル定額などのサービスは受けられない。12月上旬の発売で、価格はオープンプライスだが、実売想定価格は第1弾の「INFOBAR」同等程度になりそうだ。

talby(左からHole Black、Orange Orange、Hornet Green)

talbyは、アンテナを内蔵し、前面をフラットにしたスリムなデザインで、ポケットにもすっぽりと収まるほか、上部に大型のストラップホールを空けてあり、付属のネックストラップで首から提げることで、ファッションの一部として楽しむこともできる。

これだけ薄く、前面はフラット

背面のカメラは有効33万画素CMOS

メニューアイコンやスクリーンセイバーなどにもNewson氏のデザインが

携帯電話のデザインは今回が初めて、というNewson氏は、talbyのデザインについて「美しく、シンプル、というのが目標だった。機能の複雑さを前面に出さず、シンプルで非常にスタイリッシュにした」と語る。

機能としては、2.1型のQVGA液晶を搭載、背面には有効画素数33万画素のCMOSカメラを備える。BREWに対応し、INFOBARが非対応だったEZナビウォークやFlashにも対応する。2次元バーコードの読み取りやムービーの撮影も可能だ。EZ「着うた」にも対応するが、新サービスのEZ「着うたフル」は利用できない。

開発には、Newson氏と親交が深く、CM音楽で知られる音楽プロデューサーNick Wood氏も参加。テーマソングとなるWood氏オリジナルの「Free」など、複数のEZ「着うた」や着メロ、効果音をプリセット。Wood氏は「エンターテインメント性があって、みんなが楽しめる音楽を作った」とする。楽曲の演奏はモスクワ・シンフォニー・オーケストラで、楽曲に「あまりにも満足したので」(Wood氏)、11月中旬には、talbyのために作った楽曲を集めたCDを販売するそうだ。「携帯電話をベースとしたCDやレコードはたぶん始めてではないか」(Wood氏)という。

Marc Newson氏

Nick Wood氏

モデルtalby
メーカー鳥取三洋電機
連続通話時間約190分
連続待受時間約250時間
液晶メイン:約2.1型240×400
カメラ有効画素数33万画素CMOS
サイズ(W×H×D)約45×132×13mm
質量約79g
日本語入力ATOK+APOT
データフォルダ約8MB(または1000件)
BREWデータフォルダ約3MB
カラーHornet Green、Orange Orange、Hole Black
主な機能EZムービー(S/M/L)、ムービーメール(S/Mサイズ)、EZ「着うた」、EZナビウォーク、EZアプリ(BREW)、バーコード読み取り、Flash対応
発売日12月上旬

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ