携帯が音楽プレイヤーに - au、音楽配信対応ケータイなど「感動ケータイ」

  [2004/10/13]

KDDI、沖縄セルラー(au)は、携帯電話向け音楽配信サービスEZ「着うたフル」に対応した第3世代携帯電話「CDMA 1X WIN」端末4モデルと、デザイン志向の「au design project」第3弾、「talby」を発表した。EZ「着うたフル」は、従来のEZ「着うた」とは異なり、楽曲の一部ではなく全体を配信する音楽配信サービスで、携帯電話をiPodのような携帯音楽プレイヤーとして利用できるようになる。

EZ「着うたフル」対応端末として今回発表されたのは、「W21CA」(カシオ計算機製)、「W21T」(東芝製)、「W22SA」(三洋電機製)、「W22H」(日立製作所製)の4モデル。いずれもWIN端末として、「ダブル定額」や2.4Mbpsの高速通信が可能。同社では今回「感動ケータイへ」というコンセプトを掲げており、「単に必需品としての携帯電話だけでなく、感性に訴える」(KDDI小野寺正社長)ことが目標だ。

EZ「着うたフル」、もう1つの新モデル「talby」に関しては別掲の記事で詳細に報告する。

フルブラウザ搭載の「W21CA」

W21CAは、先日発表のあったBREW版Operaブラウザを搭載、携帯電話向けサイトだけでなく、PC向けWebサイトのほとんどが閲覧できる「PCサイトビューアー」機能を備えた。Operaは、DDIポケットのPHS「AirH"PHONE AH-K3001V」(京セラ製)にも搭載されているが、BREW版Operaは初登場。KDDIによればAH-K3001Vよりも新しいバージョンのものが搭載されているという。「スモールスクリーン」によりPC向けサイトを携帯電話の画面サイズに最適化させて表示させることができる。また、Webサイトの任意の部分を切り出し、待受画面に表示、一定時間ごとに更新させる、といった使い方も可能だ。ただし、BREW版Operaを使ったインターネットアクセスは「ダブル定額」における上限額(最大月額4,410円)の対象外になる。

Operaでの表示。写真左がPCモード、右がスモールスクリーン

液晶は業界最大級の2.6インチQVGA液晶を搭載。通常の折りたたみ型の利用に加え、2軸ヒンジ機構「Wide View Style」を採用しており、液晶部分を回転させ、画面を前面に出して折りたたむことも可能だ。本体を横向きにして、ムービーの全画面再生を行うこともできる。充電台もそれを考慮して横向きに設置するタイプになっている。

業界最大級2.6型の液晶を搭載

EZ「着うたフル」対応として、広がりのあるステレオ音の再生が可能なサラウンドプロセッサ「DiMAGIC Virtualizer X」を搭載しており、EZ「着うたフル」などのコンテンツを高音質で楽しめる。

カメラは有効画素数200万画素1/2.7型CCDを搭載。1600×960ドットの「ハイビジョンサイズ」での撮影も行える。コントラスト方式のオートフォーカス(AF)、フォーカスロック機能、Exif Print(Exif 2.2)・「PRINT Image Matching III」対応、カシオのデジタルカメラにも搭載されている「ベストショット機能」(人物・風景・夜景・トワイライト・人物+風景・食べ物・文字・スポーツ・パーティ)、といった撮影機能を搭載。QVGAサイズのムービー撮影も可能。PCやテレビ、SD-Video対応機器で録画した番組の再生にも対応する。

キーボード部

背面のカメラは有効200万画素・AF対応

本体側面

2軸ヒンジ機構を採用

充電台には横向きにして置く

発売は12月下旬、価格はオープンプライスで、実売想定価格は2万円台半ば程度。

モデルW21CA
メーカーカシオ計算機
連続通話時間約190分(暫定)
連続待受時間約220時間(暫定)
液晶メイン:約2.6型240×400
カメラ有効画素数200万画素CCD
サイズ(W×H×D)*約51×102×26mm(折りたたみ時)
質量約140g(暫定)
外部メモリminiSDカード
日本語入力ATOK for au(関西弁対応)+AI推測変換「APOT」
データフォルダ約24MB(または800件)
BREWデータフォルダ約5MB(PCサイトビューアーのぞく)
カラージェネシスシルバー、エヴィルブラウン
主な機能EZチャンネル、EZムービー(S/M/L/LL/QVGA)、ムービーメール(S/M/Lサイズ)、EZ「着うた」(ハイクオリティステレオバージョン対応)、EZ「着うたフル」、EZナビウォーク、EZアプリ(BREW)、バーコード読み取り、Flash対応
発売日12月下旬
実売想定価格2万円台半ば

3Dゲームもテレビで楽しめる「W21T」

W21Tは、従来に比べ3D機能を強化したグラフィックエンジン「T4G」を搭載。3Dのゲームアプリを快適に楽しめる。3Dレースゲーム「セガラリー 1st Stage」がプリセットされており、さらに方向キーに取り付ける付属の「ゲームポインタ」を使うことで、より細かいコントローラーさばきが行える。今まではムービーなどをテレビに出力できたが、新たにゲームの出力にも対応。付属のテレビ出力ケーブルを使って、テレビの大画面で携帯電話用ゲームを楽しめる。

W21T

2枚の画像を合成、次第に変化していくような画像が生成できるモーフィングアプリ「変身!モーフィー」を搭載しており、人の顔が次第に動物に変わったり、物が動いたり、撮影画像やデータフォルダの画像を使って様々に遊ぶことができる。

カメラは有効画素数130万画素のCMOSを搭載。Exif Print(Exif 2.2)・PRINT Image Matching IIIにも対応する。

Bluetooth機能も搭載。プリンタ出力、ハンズフリー機能、ダイヤルアップ機能、画像・アドレス帳・スケジュール交換、BREWアプリ対応と、従来よりも機能が向上しており、特にBREWアプリからBluetoothをコントロール、他の機器をワイヤレスで操作する、といったことが可能になった。

そのほか、テレビやPCで録画した番組などの再生、QVGAサイズのムービー撮影、合計11.6万語の電子辞書「辞スパ」、Eメールバックグラウンド受信、などの機能を備える。EZ「着うたフル」にも対応、ツインスピーカーを搭載するほか、ORANGE RANGEの新曲「花(short size)」、BoAの「JEWEL SONG」をプリセットした。

本体を閉じたところ

付属の「ゲームポインタ」

発売は11月下旬で、価格はオープンプライス。実売想定価格は2万円前後だ。

モデルW21T
メーカー東芝
連続通話時間約240分
連続待受時間約300時間
液晶メイン:約2.4型240×400 サブ:1.1型112×112
カメラ有効画素数130万画素CMOS
サイズ(W×H×D)約50×99×26mm(折りたたみ時)
質量約126g
外部メモリminiSDカード
日本語入力Mobile Rupo
データフォルダ約23MB(または1000件)
BREWデータフォルダ約5MB
カラーブリーズグリーン、ライトニングシルバー、サンライズイエロー
主な機能EZチャンネル、EZムービー(S/M/L/LL/QVGA)、ムービーメール(S/M/Lサイズ)、EZ「着うた」(ハイクオリティステレオバージョン対応)、EZ「着うたフル」、EZナビウォーク、EZアプリ(BREW)、バーコード読み取り、Flash対応
発売日11月下旬
実売想定価格2万円前後

FMに着うたフルも楽しめる「W22SA」

W22SAは、口径15φのステレオツインスピーカー、Spatializerの3Dステレオ技術を用いた3DステレオDSP機能を搭載。EZ「着うたフル」を臨場感あふれる3Dサラウンドで楽しめる。

W22SA

録音に対応したFMラジオチューナーとアプリも搭載しており、ラジオでオンエア中の楽曲のアーティスト名や曲名などをチェックしたり、オンエア曲をからEZ「着うた」、EZ「着うたフル」をダウンロードしたりできる。EZ「着うたフル」などの保存のために約40MBのデータフォルダを用意。KDDIのau事業本部au商品企画本部長の牧俊夫執行役員は「miniSDへの保存と端末内への保存、どちらをユーザーが好むか分からない」とし、W22SAの試験的な位置づけを明らかにしている。

赤外線通信機能を搭載しており、他の赤外線通信機能搭載au端末であればデータの交換が可能。バージョンアップしたリモコンアプリ「アプリモコンEZ」も搭載。テレビやビデオ、DVD機器のリモコンとして利用できるほか、EPG機能も備え、EZwebから番組データをダウンロード、それをDVD機器などに赤外線で送信して録画予約を行うこともできる。なお、番組データのダウンロード、閲覧は無料だが、それを赤外線送信して録画予約する場合には月額210円が必要になる。アプリモコンEZは、今後ダウンロード提供を予定しているという。

背面には1.5型液晶を備え、操作用十字キーとフェザータッチキーを背面に搭載しているので、端末を閉じたままでもメールの閲覧やラジオの操作、EZwebの閲覧、画像・サウンドの再生といったことが可能だ。

カメラは有効画素数133万画素CMOSで、AFに対応。英単語を撮影して単語の意味を表示するOCR英語辞書「カメラ de 辞書」(英和辞書約2万語に対応)、USBケーブルWIN(別売)を使ってのPCカメラ機能、Exif Print(Exif 2.2)・PRINT Image Matching III対応、などの機能を備える。

本体を閉じたところ

そのほか、最大6.5時間のボイスレコーディング機能、Eメールバックグラウンド受信、待受画面やメニュー画面などをディズニー仕様に変更する「with Disney!」設定などを搭載した。

発売は11月下旬、価格はオープンプライスで、実売想定価格は2万円前後。

モデルW22SA
メーカー三洋電機
連続通話時間約230分
連続待受時間約260時間
液晶メイン:約2.2型240×400 サブ:1.5型120×160
カメラ有効画素数133万画素CMOS
サイズ(W×H×D)約48×99×25mm(折りたたみ時)
質量約114g
外部メモリ-
日本語入力Advanced Wnn V2
データフォルダ約40MB(または1024件)
BREWデータフォルダ約5MB
カラーピグメントブルー、パフィーホワイト、ポップイエロー
主な機能EZチャンネル、EZムービー(S/M/L/LL/QVGA)、ムービーメール(S/M/Lサイズ)、EZ「着うた」(ハイクオリティステレオバージョン対応)、EZ「着うたフル」、EZナビウォーク、EZアプリ(BREW)、バーコード読み取り、Flash対応
発売日11月下旬
実売想定価格2万円前後

au初のスライドスタイル採用「W22H」

W22Hは、auとしては初めてのスライドスタイルを採用。軽く指で押し上げるだけで液晶部分が上にせり上がり、キーボード部分が現れる構造で、閉じたままでも通話やメールの閲覧、ムービーの視聴といった各種操作が可能だ。着信履歴表示中や受信メール表示中にスライドオープンすることで、自動的に発信やメール返信画面に移動するなど、スライド操作と連動して各種の操作が完了する仕組みもよく考えられている。

au初のスライドスタイルのW22H

カメラは有効画素数124万画素CCDで、被写体を左右それぞれに分けて撮影できる「カップリング撮影」、上下に分けて撮影できる「アップダウンショット撮影」といった機能も搭載。横向きにしてのカメラライクな撮影も可能だ。Exif Print(Exif 2.2)・PRINT Image Matching IIにも対応する。

そのほか、着信時やメール受信時などに7種類・10パターンの光がスライドのすき間から間接照明のように光る「ルミナススリット」、録画したテレビ番組などの再生、QVGAサイズのムービー撮影、EZ「着うたフル」対応、ステレオツインスピーカー・サラウンドプロセッサ「DiMAGIC Virtualizer X」搭載などの機能を備える。

本体側面

発売は11月下旬、価格はオープンプライスで、実売想定価格は2万円を切るぐらいだ。

モデルW22H
メーカー日立製作所
連続通話時間約190分
連続待受時間約220時間
液晶メイン:約2.4型240×400
カメラ有効画素数124万画素CCD
サイズ(W×H×D)約51×115×27mm(折りたたみ時)
質量約142g
外部メモリminiSDカード
日本語入力ATOK for au(関西弁対応)+AI推測変換「APOT」
データフォルダ約24MB(または800件)
BREWデータフォルダ約7MB
カラーヴィンテージレッド、プレミアムシルバー
主な機能EZチャンネル、EZムービー(S/M/L/LL/QVGA)、ムービーメール(S/M/Lサイズ)、EZ「着うた」(ハイクオリティステレオバージョン対応)、EZ「着うたフル」、EZナビウォーク、EZアプリ(BREW)、バーコード読み取り、Flash対応
発売日11月下旬
実売想定価格2万円切る程度

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『とんかつDJアゲ太郎』、第8話場面写公開! ゲストにサイトウ"JxJx"ジュン
[07:00 5/28] ホビー
アンミカ「共演者に塩をかける」有吉弘行「黒魔術みたい」とバッサリ
[06:00 5/28] エンタメ
『世にも奇妙な物語'16春の特別編』心揺さぶる4作品を紹介
[06:00 5/28] エンタメ
石川祐希の活躍に期待!五輪出場を目指しアジアのライバル中国と対戦
[06:00 5/28] エンタメ
要潤、人形のように美しい顔の役に「どう思うかは皆さん次第です」
[06:00 5/28] エンタメ

特別企画 PR