Transmeta、90nmプロセス製造の「Efficeon TM8800」を発表

 

Transmetaは、90nm製造プロセスで製造された「Efficeon TM8800」を発表、9月上旬から一部顧客向けに出荷開始したことを明らかにした。

1.6~2.0GHzの動作クロックを実現するEfficeon TM8800

TM8800は富士通のあきるの工場で製造されている。出荷中の製品の動作クロックは1.6GHz。1.0GHzが最速だった130nm製造プロセスのCPUに比べて、90nm製造プロセスの導入で60%の高速化を実現した。2004年末までには2.0GHzの製品をサンプル提供するとしている。同社は、10月4日~6日にカリフォルニア州サンノゼで開催されるFall Processor Forum、10月19日~20日に台湾の新竹で行われるProcessor Forum Asiaで、TM8800ファミリーに関する発表を行う予定だ。

256bit VLIWハードウエア・エンジン搭載。DDRメモリコントローラ、AGPグラフィックバス・コントローラ、HyperTransport I/Oバス・コントローラを内蔵する。機能面では、AntiVirusNXテクノロジの実装で、セキュリティ機能が強化された。MicrosoftのWindows XP Service Pack 2のデータ実行保護機能と連動して、ウイルス/ワームによるバッファオーバーフローの悪用にハードウエアレベルで対応できる。

TM8800は、シャープが発表した「Mebius MURAMASA PC-MP」シリーズで採用されているほか、米国では第4四半期に量産開始予定のOrion Multisystemsのクラスタワークステーションに搭載される。

Transmetaは10日(米現地時間)、2004年第3四半期の業績見通しを下方修正した。90nm製造プロセスへの移行作業が第3四半期の製品売上に影響したためで、これまでの800万ドル~870万ドルの売上高予測を680万ドル~750万ドルに引き下げた。LongRun2テクノロジを含むライセンス収入の見通しは、350万ドルで変わらない。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『少年メイド』、9/4イベントに向けた出演キャストのコメント紹介
[00:26 7/27] ホビー
「BanG Dream!」、2ndライブのタイトル決定! 2nd Sgの特典MVより追加カット
[00:06 7/27] ホビー
舞台「ダイヤのA」1&2の上映会、小澤廉ら出演のトークショー付き
[00:00 7/27] ホビー
[ガヴリールドロップアウト]「電撃だいおうじ」の人気マンガがテレビアニメ化 監督とシリーズ構成は「うまるちゃん」コンビ
[00:00 7/27] ホビー
デルが注力するのは2in1 - アルミボディで液晶360度回転の13.3型「New Inspiron 13 7000 2-in-1」
[00:00 7/27] パソコン