MozillaのGeckoエンジンがKDEへ移植 - OS Xの「Safari」への影響は?

PC-UNIX向けデスクトップ環境「K Desktop Environment」(KDE)の開発者グループに属す「Keckoチーム」は、MozillaのHTMLレンダリングエンジン「Gecko」をKDEに移植したことを明らかにした。この結果、GeckoエンジンはKDE/Qt(KDEに使用されるGUIライブラリ)のアプリケーションで違和感なく利用できるようになる。なお、移植作業はKDE開発者の集い「aKademy」の期間中わずか4日間で行われたという。

KDEには、もともとHTMLレンダリングエンジンとして「KHTML」が用意されている。KHTMLはGeckoと比較してレンダリング速度に優れ、ファイルマネージャとしても動作するKDE標準のWebブラウザ「Konqueror」で利用されているほか、Apple ComputerによりMac OS Xへと移植され(WebCoreフレームワーク)、システム標準のWebブラウザ「Safari」のレンダリングエンジンとしても利用されている。

Geckoエンジンの移植により、ユーザが自由にKonquerorで使うHTMLレンダリングエンジンを選べるようになった一方、KHTMLの開発ペースに変化が現れる可能性も高い。来年前半にリリースが予定されているOS Xの次バージョン「Tiger」にはSafari 2.0が収録される見込みであるなど、Safariの開発スケジュールにも影響してくるトピックなだけに、今後のKHTML/WebCoreの動向に注目が集まる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事