デル、26型ワイド液晶モニター「W2600」発表

 

デルは7日、26インチワイド液晶モニター「W2600」を発表した。デュアルチューナーを搭載し、ハイビジョン放送に対応するD4端子を装備、サラウンド再生にSRS TruSurround XTを採用した。価格は198,000円で8日から発売する。一部量販店では7日から店頭デモを開始している。9月8日~9月13日までの限定だがDimension4600Cとのセットで241,050円のパッケージも用意している(通常より約6万円割引)。

Dell W2600 フロントビュー

W2600 サイドビュー

 

デル 浜田社長

青系の発色も美しい

1280×768(WXGA)の26インチワイド液晶を採用し、16:9のワイド映像の再生に対応している。液晶は高画質のVA(Vertically Aligned)方式を採用し、最大輝度450cd/平方メートル、コントラスト比500:1を実現した。

インタフェースはDVI-D、D-Sub15ピン(2系統)を始め、AV用にコンポーネント×2、D4端子、コンポジット×2、S-Video×2、及びDVI(PC用と共有)。PC用3系統、AV用8系統を装備した。コンポジット、ヘッドフォンの出力も備えている。

デル・モデルの強み

ソフトウェア&周辺機器マーケティング部の垂見智真氏

BSデジタル/地上デジタルのHD放送に対応するD4端子を装備(480i,480p,720p,1080iサポート)。画像エンジンではインターレース-プログレッシブ変換にピクセルワークス社のdnxテクノロジーを新採用した(前機種のW1700ではファーロジャー製チップを採用)。信号立ち上がり時により高い電圧をかけて高速応答を実現するオーバードライブも搭載している。

単体で198,000円の高いコストパフォーマンスを実現したことに対して、ソフトウェア&周辺機器マーケティング部の垂水智真氏は「通信販売による流通コストの削減。全世界でパネルを大量に購入している強み」を挙げた。また「他社と同価格で大画面液晶がセットになる」という点をアピールした。

また、デルダイレクトの顧客ニーズを分析し、「PCを使いながらTVを見たい」「大画面テレビとパソコンモニターを一つにしたい」といったリクエストを検討。ホームセンターである「多機能マルチメディアモニター」というカテゴリの位置付けを強調した。20代~30代の若者の多くが「ながら視聴」をしている実態調査の結果もあるという。

パソコンとコンシューマゲーム機など両方を使うユーザーをターゲットに一台に集約する「省スペース」と液晶の強みである「省電力」をメリットを強調した。

「W2600」の位置付け

また、同じくPC入力を装備した低価格大画面液晶といった同業他社の製品に対して、デル独自の強みは、「家電ではなく、パソコンとして互換性まで含めたサポート」にある点を強調。同社では、製品に「タグ番号」と呼ばれる番号を付与し、販売された顧客の製品毎の管理を実施することで、きめ細かなサポートを実現しているという。

また同社では、「あくまでPCモニターという位置付けであり、テレビではない」という点を強調した。価格を抑えるためにも「素の製品を提供し、あえてBS/CSチューナーは搭載しない」という姿勢を説明した。一方で、地上アナログ用にはダブルチューナーを装備するなどユーザーの利便性を追求している。画面中に小画面を2個同時に表示できるピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)、最大12個のチャンネル画面を同時表示できるピクチャー・アウト・ピクチャー(POP)、パソコン画面とビデオ画面を並列して表示できるピクチャー・バイ・ピクチャー(PBP)など、様々なユーザーインタフェースを用意することで、最近のテレビ視聴スタイルの変化に対応している。

作業しながら視聴が便利なPinP機能

12チャンネルの番組を同時表示

米国と日本国内市場の違いについて「日本国内は画質に対してクリティカルである」との認識を示し、「日本市場向けの液晶画質を世界品質」と位置づけていること説明した。また、国内は1~12程度のチャンネル数に対して、米国では数百チャンネルのCATVが一般的でありリモコンも含めて日本国内用に調整している。

TV機能付き液晶モニター

光沢のあるリモコン

液晶パネルは高画質のVA方式を採用しているが、同社によれば、複数の安定したメーカーからOEM供給を受けているという。

9月8日~9月13日までの限定セット

発売は8日からだが、通販では現時点で納期は約1週間(5営業日)とのこと。9月8日~9月13日までの限定でDimension4600Cとのセットで241,050円のパッケージも用意されている。

なお、オプションのメモリカードリーダー(SDカード/メモリースティック/MMC/CF/マイクロドライブ/スマートメディアに対応)は8,000円(税込)。画像ファイルのスライドショー表示が可能になる(動画は非対応)。

ディスプレイ 26型ワイドTFT液晶
解像度 1280×768(WXGA)
表示面積 566.4(W)×339.8(h)mm
アスペクト比 16:9サポート
輝度 450cd/平方メートル
コントラスト比 500:1
応答速度 25ms
視野角 170度(水平/垂直とも)
HDTV 480i 480p 720p 1080i
走査周波数 31~61KHz(水平)/56~75Hz(垂直)
チューナー 地上波アナログ×2
サラウンド SRS TruSurround TX
スピーカー 内蔵(15W+15W)
PC入力 DVI-D D-sub15×2
AV入力 コンポジット×2 S-Video×2 D4 コンポーネント×2
AV出力 コンポジット RCA(L+R) ステレオミニジャック
消費電力 145W(待機時3W以下)
サイズ 830(W)×504(H)×209(D)mm(スタンド含む)
重さ 19.5kg(スタンド含む)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[初音ミク]ストレートヘアを初披露 ツインテールほどく
[04:00 8/30] エンタメ
[ラブライブ!サンシャイン!!]Aqoursの5枚目シングルが自己最高位タイのオリコン3位 発売初週に4万枚
[04:00 8/30] ホビー
初音ミク「LUX」新CMでストレートヘア初披露、S・ヨハンソンの動き完全再現
[04:00 8/30] ホビー
櫻井翔、「めぐりズム」新CMに - アイマスク着用で「見えない!」
[04:00 8/30] エンタメ
SMAP「世界に一つだけの花」歴代シングル売上7位に - 累計売上278.3万枚
[04:00 8/30] エンタメ