米MSがWMP 10をリリース、対応デバイスやサービスも続々登場

米Microsoftは2日(現地時間)、メディアプレイヤーの最新版「Windows Media Player 10」(以下WMP10)をリリースした。英語版のほか、フランス語版と韓国語版が用意されており、日本語を含むその他の言語については2004年秋のリリース予定となっている。

WMP 10の公開は、Windows、オンラインストア、モバイルメディアプレイヤーを結んだ新たなデジタルエンターテインメント・ソリューションの提供開始を意味する。そのカギとなるWMP 10の新機能が、「Digital Media Mall」(以下DMM)とデジタル著作権管理(DRM)技術「Windows Media DRM 10」である。

オンラインストアとポータブルデバイスを結びつけるWMP 10

WMP 10にオンラインストアを統合したDigital Media Mall

DMMはプレイヤー内から各種オンラインストアへの直接アクセスを可能にするサービスだ。Napster、Musicmatch、MusicNow、Wal-Mart Music Downloads、CinemaNowなどが参加している。MicrosoftはWMP 10リリース直前に、オンライン音楽ストア「MSN Music」のプレビュー・サービス開始を発表しており、同ストアもDMMから利用できる。

WMP 10公開にタイミングを合わせてCreative Labsは、Windows Media DRM 10と最新のメディア・トランスファー・プロトコルに対応するポータブル・メディア・センター「Creative Zen Portable Media Center」を発売した。米国では早くもMLB.comやCinemaNowなどがポータブル・メディア・センター向けのコンテンツ提供を発表している。例えば、大リーグの試合を配信するMLB.comは、試合に動きのない部分をカットして一試合を約20分程度にまとめたファイルを用意する。「ひいきのチームの試合を見たいけど時間がない、でもスポーツニュースでは満足できない」という人に重宝されそうだ。

現時点で、WMP 10は70機種以上のポータブルデバイスをサポートしている。Auto Syncに対応しているデバイスとは、音楽/ビデオ/写真/録画TV番組などの自動同期が可能になる。

MSN Music。購入した曲は最大5台のWindows PCで再生可能。対応ポータブル機器への転送は制限なし

20GB HDDを内蔵するCreative Zen Poartable Media Center。米国での価格は499ドル

プレイヤーとしてWMP 10は、使いやすさに重点を置いたインタフェースの改善が施されている。プレイビュー、ライブラリー、録音、書き込み、デバイスとの同期、ガイドなど、利用方法を分類するボタンがプレイヤー上部に設けられ、ユーザーは一連の流れとして操作を完了できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事