OperaブラウザがWindows Mobileに対応

ノルウェーのOpera Softwareは、同社のWebブラウザ「Opera」をMicrosoftのWindows Mobile向けに提供する計画を発表した。リリース時期など詳細は明らかにしていない。

Windows Mobileのサポートについて、Opera Softwareの戦略提携およびマーケティング担当副社長Rolf Assev氏は「複数のメーカーのタイプの異なるハンドセットを取り扱っている無線事業者から、ユーザーに同じインターネットおよびブランド体験を提供できるクロスプラットフォーム・ブラウザの必要性を求められていた」と説明する。

クロスプラットフォーム・ブラウザとしてWindows Mobile対応を実現

Operaは「Small Screen Rendering(SSR)」技術を搭載しており、パソコン向けのWebページでも携帯端末の画面サイズ用に最適化して表示することができる。Windows Mobileのほか、Windows、Linux、Mac OS、Symbian OS、BREW、QNX、iTRON、FreeBSD、Solaris、Mediahighwayなどに対応。パソコン、スマートフォン/PDA、デジタル家電などで幅広く採用されている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事