アップル、PPC G5/20インチワイド液晶搭載、薄さ2インチのiMac発表

 

iMac G5。左は別売りのiPod。米Apple Computerのウェブサイトには"From the creators of iPod"と記載されている

アップルコンピュータは、"iMac G5"を発表した。厚さ約2インチ(約5cm)の薄型筐体が特徴で、上位機種では20インチのワイドスクリーン液晶ディスプレイ、プロセッサには1.8GHz駆動のPowerPC G5を搭載する。価格は157,290円から。31日より受注が開始され、オンラインストアのApple Storeや直営店Apple Store, Ginza, Shinsaibashi、iMac/iBookデモ展示販売店を通じて9月中旬から出荷が開始される。

新しいiMacは、同社が6月に発表した"Apple Cinema Display"に似たデザインで、ディスプレイ一体型のシステムを厚さ約2インチのシンプルな薄型筐体に納めている。筐体はアルミニウムの脚に支えられえており、すべてのI/Oポートは後方右側に配置され、手の届きやすいものとなっている。オプションでAirMac ExtremeとBluetoothワイヤレスモジュールが用意され、これらを使用すればインプットデバイスをワイヤレスで接続することもできる。

iMac G5は、小型の筐体にPowerPC G5を搭載しながら、静音性にも配慮されアイドル時に25dB以下と「ささやくような静粛性」(同社)を実現した。同社ワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラー氏は「iPodが携帯型音楽プレーヤーの概念を変えたように、新しいiMac G5は、ユーザがコンシューマ向けデスクトップに期待するものを根底から変えるものです。豪華な17インチまたは20インチのディスプレイとシステム全体をわずか2インチの薄さの中に収めたデザインとなっているため、これを見た人は『コンピュータはどこへ消えたのだろう』と思ってしまうかも知れません」とiMacの優れたデザインが家庭やオフィスなど様々な場所にフィットすることを強調する。

一見ただのディスプレイのように見える

アイドル時に25dB以下と「ささやくような静粛性」(同社)を実現した

iMac G5はスペックによって3機種がラインナップされる。ローエンドのiMac G5 1.6 GHz 17インチモデルは157,290円で、主なスペックは以下の通り。

  • 17インチワイドスクリーンLCD(1,440×900ドット)
  • 1.6 GHz PowerPC G5 / FSB 533MHz
  • 256MB DDR SDRAM
  • コンボドライブ
  • 64MB VRAM搭載NVIDIA GeForce FX 5200 Ultraグラフィックカード
  • 80GB Serial ATA/7200rpm HDD
  • FireWire 400×2、USB 2.0×3
  • 10/100 BASE-T Ethernet、56K V.92モデム
  • AirMac Extreme/Bluetooth対応(ともにオプション)
  • 内蔵ステレオスピーカとマイクロフォン

iMac G5 1.8 GHz 17インチモデルは183,540円で販売され、主なスペックは以下の通り。

  • 17インチワイドスクリーンLCD(1,440×900ドット)
  • 1.8 GHz PowerPC G5 / FSB 600MHz
  • 256MB DDR SDRAM
  • SuperDrive
  • 64MB VRAM搭載NVIDIA GeForce FX 5200 Ultraグラフィックカード
  • 80GB Serial ATA/7200rpm HDD
  • FireWire 400×2、USB 2.0×3
  • 10/100 BASE-T Ethernet、56K V.92モデム
  • AirMac Extreme/Bluetooth対応(ともにオプション)
  • 内蔵ステレオスピーカとマイクロフォン

ハイエンドのiMac G5 1.8 GHz 20インチモデルは230,790円となり、

  • 20インチワイドスクリーンLCD(1,680×1,050ドット)
  • 1.8 GHz PowerPC G5 / FSB 600MHz
  • 256MB DDR SDRAM
  • SuperDrive
  • 64MB VRAM搭載NVIDIA GeForce FX 5200 Ultraグラフィックカード
  • 160GB Serial ATA/7200rpm HDD
  • FireWire 400×2、USB 2.0×3
  • 10/100 BASE-T Ethernet、56K V.92モデム
  • AirMac Extreme/Bluetooth対応(ともにオプション)
  • 内蔵ステレオスピーカとマイクロフォン
などを搭載する。全モデルともにMac OS X 10.3"Panther"がプリインストールされ、64MBのVRAMを搭載、ExposeなどMac OS XのAqua Extremeにも対応する。また、OS X搭載により、システムを1秒でスリープ状態から復帰可能となっており、電源を切らずにスリープによる運用で欲しいときにすぐに使えるものとしている。3モデルともに同社のデジタルライフアプリケーションスイート「iLife '04」がプリインストールされ、SuperDrive搭載のハイエンドモデルでは「iDVD」によるDVDのオーサリング、作成も可能となっている。

ディスプレイは17インチと20インチが用意される。ともにワイド液晶を採用している

3モデルともに最大2GBのDDR SRAMを搭載可能、160GBもしくは250GBのHDD、AirMac Extremeカード、内蔵Bluetoothモジュールなどがオプションで用意され、同社オンラインショップなどでのBTOが可能。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事