消費電力1.6W、AMD Alchemy搭載の小型Linux BOXが登場

センチュリー・システムズは、CPUとしてAMD Alchemyを搭載したLinuxコンピューター「FutureNet MA-420」シリーズを発表した。10月1日より発売する。PCカードスロットモデル「MA-420/XP」、CFカードスロットモデル「MA-420/XC」がともにオープン価格で、店頭参考価格は69,300円。ケースを持たず、IDEとPCIインタフェースが追加された開発専用モデル「MA-420/EVP」が標準価格99,750円。

MA-420/XP

MA-420/XC

開発用モデルのMA-420/EVP

CPUにAlchemy Au1500 400MHzを搭載し、OSにはカーネル2.4.26のLinuxを採用した。同社によれば、ルーターとして構成した場合、最大約100Mbpsのスループットを得られる性能だという。消費電力は約1.6Wで、ファンやヒートシンクがなくても常時稼働が可能。OSはROMに格納されており電源ONですぐに起動できるほか、ネットワーク上にあるファイルを使った起動(NFSブート)にも対応している。RAMは標準で64MBを搭載する。

インタフェースは、10/100Base LAN×2、RS-232C×1、USB1.1×2、デジタル入出力各2bit、などを搭載する。MA-420/XCはCFカードスロット×2、MA-420/XPとMA-420/EVPはCardBus対応PCカードスロットとCFカードスロットを各1基装備している。加えて、MA-420/EVPにはUltra ATA/133対応のIDEインタフェースとPCI2.2インタフェースが用意されている。また、NTTドコモのP-in m@ster、FOMA P2401、FOMA P2402や、TDKのAirH"カードRH2000などの携帯電話・PHSカードが動作することが確認されている。

応用例としては、自動販売機や入退室管理機などと接続しての遠隔監視や、VPNルーターやリモートブリッジなどのネットワーク機器としての利用が挙げられている。基本的には業務用の法人向け製品だが、製品取扱店の店頭や通信販売などで個人が購入することも可能。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事