米Microsoft、Longhornは2006年中に提供、WinFS搭載は見送り

Yoichi Yamashita  [2004/08/28]

米Microsoftは27日、次世代Windows「Longhorn」の提供を2006年中に開始すると発表した。Longhornの核心となる予定だったプレゼンテーション・サブシステムの「Avalon」、コミュニケーション・サブシステム「Indigo」、ストレージ・サブシステム「WinFS」の内、WinFSの搭載が見送られる。Longhornのリリース時にはベータ版を提供する予定だという。今回の発表は、クライアント版のLonghornに関するスケジュールであり、Server版はこれまで通り2007年を目標にするとしている。

プラットフォームグループ副社長のJim Allchin氏は「我々のWindowsプラットフォームに対する長期的なビジョンに変更はない」としながらも、「顧客からは、我々が取り組んでいる革新的な技術と共に、生産性の改善、より簡単な導入、信頼性やセキュリティの向上などを求める声が届けられている。企業顧客やコンシューマー、OEMなどが求める機能を適切なタイムフレームで提供するには、ある程度妥協する必要があった」と今回のスケジュールを説明している。

Microsoftは、世界中の企業からDeveloper Evangelistを集めた会合を開いており、そこでWindows XPとWindows Server 2003向けに「Windows WinFX Developer Technologies」を2006年中に提供することを発表した。これにはAvalonとIndigoが含まれる。両技術はLonghornに搭載される予定だが、Windows XPやWindows Server 2003にすそ野を広げれば、対応アプリケーションの開発およびエンドユーザーの利用の促進が期待できる。

発表の中でAutodeskのCTOであるScott Borduin氏は「AvalonとIndigoが、Longhornだけではなく、Windows XPでも利用できることで、我々はより早い時期からこれらの技術を活用するアイディアを検討できるようになる」とコメントしている。

Vivendi Universal Games傘下のKnowledge AdventureのLeslie House副社長は「WinFXプラットフォームのコア技術がWindows XPやWindows Server 2003に降りてきたことで、WinFXアプリケーションのターゲットがインストールベースでより大きな規模となり、我々の教育ソフトウエアにとってさらに魅力的なプラットフォームになる」と述べている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ
『ニンジャスレイヤー』、コンピアルバム「伐」発売記念でニコ生一挙放送
[00:00 6/26] ホビー
AKB総監督・横山由依の苦悩の3カ月に密着「海外に逃亡したいと思ったことも」
[23:00 6/25] エンタメ
Iカップ青山ひかる、初のパンスト姿は「すごくソソられます」と自画自賛
[23:00 6/25] エンタメ
Fカップ永井里菜、加山雄三に胸キュン「ぽっちゃりとしたおじさまが好き」
[23:00 6/25] エンタメ