「おサイフケータイ」は電池切れでも使えるのを知ってますか?

  [2004/08/23]

FeliCa機能を搭載したNTTドコモの携帯電話「おサイフケータイ」が発売されて1カ月あまりが過ぎた。サービス発表時には4機種が一度に登場し、最近ではテレビCMなどでも積極的にPRされているので、その名をご存じの方も多いだろう。

発売から約1カ月が経過した「SO506iC」

レジでのこんな風景も少しずつ見られるようになってきた

買い物の支払いに使える電子マネーや各種ポイントカードなど、多くの機能がケータイ1台に搭載される便利なサービスだが、多機能ゆえに、さまざまな利用シーンを一度に知る機会もなかなかない。そこで、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、同社製の最新機種「SO506iC」を利用しておサイフケータイのさまざまなサービスを体験できるイベントを、東京・お台場のメディアージュにて開催している。

会場風景

会場では、コンビニエンスストアや自動販売機での買い物や、iモードFelicaを利用した映画館のチケット発券などのデモンストレーションが行われている。自動販売機のデモでは実際にコカ・コーラが1缶もらえるということもあり、販売機の前には人の列ができていた。また、ビックカメラが導入を進める、おサイフケータイをポイントカードとして利用するサービスや、全日空のチケットレスチェックインなども紹介されている。

従来の二次元バーコードと赤外線に加えておサイフケータイにも対応した、自動販売機「Cmode」の新型機。会場では実際にコカ・コーラ C2がもらえる

映画チケット発券のデモ。あらかじめチケットを予約しておき(写真左)、映画館の端末におサイフケータイをタッチすると予約内容がされる。内容を確認して再度おサイフケータイをタッチするとチケットがプリントアウトされる

イベントには初日の21日から多くの人が訪れていたが、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズによれば、来場者の多くは「おサイフケータイ」の愛称は耳にしたことがあるが、実際に何ができるかはまだよく知らないといった様子だという。「携帯電話の電源が切れていてもFelica機能は利用できる」などの説明には驚く人も多いようだ。

そのほか、ネットワークウォークマンさながらの音楽再生や、背面カバーの開閉に連動して起動するカメラなど、SO506iCのさまざまな機能も実機に触れて体験することができる。会期は29日までの毎日で、開場時間は11:00~19:00。28・29日には「PostPet」のキャラクターとして人気のモモたちもメディアージュ内に登場し、SO506iCを使って一緒に記念写真を撮ることもできる。

背面の「フィット・カバー」は着せ替えが可能。SO506iCでは、Felicaリーダーにタッチすることを考えてソフトな素材が採用されている

音楽を聴きながらメールを作成することも可能。音楽データは「SonicStage」などのソフトでも作成できる

レンズカバーの開閉とカメラのON/OFFが連動。右上にシャッターボタンがあるので、カメラのように構えて撮影できる

土日にはPostPetのモモ・コモモも登場。SH506iCで撮った記念写真をその場でプリントアウトしてもらえる

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 910gの薄型12.5型モバイルPC、写真で見る「ZenBook 3」
[03:08 5/31] パソコン
[アイマス]新作「プラチナスターズ」とローソンがコラボ グッズやイベント招待も
[00:00 5/31] ホビー
スネに傷持つゴルファーが秘境で運命の出会いを果たす、「オーイ!とんぼ」
[23:47 5/30] ホビー
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
「さんてつ」の吉本浩二、聴覚障害を題材にしたドキュメントマンガ1巻
[23:10 5/30] ホビー

特別企画 PR