AMD、新ブランドCPU「Sempron」を正式発表 - Socket 754にも低価格製品を

 

米AMDは、バリュー市場向けの新CPU「Sempron」プロセッサ・ファミリを発表した。デスクトップ向けの「AMD Sempron」、およびモバイル向けの「Mobile AMD Sempron」が発表されており、それぞれ、549ドル以下、999ドル以下の搭載製品をターゲットとする。同社のCPU新ブランド「Sempron」は先月7日に発表されていたが、具体的なモデルナンバーなど、詳細については明らかになっていなかった。

AMD Sempron

Mobile AMD Sempron

デスクトップには7製品が登場

デスクトップ向けには、Athlon 64と同じSocket 754と、Athlon XPと同じSocket Aの2種類が投入される。モデルナンバーは、3100+/2800+/2600+/2500+/2400+/2300+/2200+の7種類。同一ブランドになっているが、このうち3100+のみSocket 754で、残りはSocket Aに対応している。

AMD Sempron価格(1,000個ロット時)

モデルナンバー 価格
3100+(1.8GHz) 126ドル
2800+(2.0GHz) 109ドル
2600+(1.833GHz) 85ドル
2500+(1.750GHz) 74ドル
2400+(1.667GHz) 61ドル
2300+(1.583GHz) 45ドル
2200+(1.5GHz) 39ドル

Socket 754版のSempron 3100+は、動作クロックは1.8GHzで、L1/L2キャッシュは128KB/256KB。Socket 754版のAthlon 64では、L2キャッシュが1MBまたは512KBとなっているが、Sempronではさらに半減される。メモリはPC3200まで対応。バリュー向けということで、64bit動作には対応しないが、メモリ保護機能「NX」には対応する。

モデルナンバーについて補足だが、Athlon 64ではL2キャッシュの容量が複数タイプ存在しており、同じ動作クロックでもモデルナンバーが異なる、という現象が起きている。だが、Athlon 64とSempronのモデルナンバーを比較してみると、動作クロックが同じ1.8GHzで、L2キャッシュ 256KBのSempronが3100+、倍の512KBを搭載するAthlon 64が2800+であるので、両CPUのモデルナンバーは全く別物、と考えたほうがいいだろう。

一方のSocket A版のSempronは、FSBは333MHz、L1/L2キャッシュは128KB/256KBといったスペックは共通で、1.5GHz~2GHzの動作クロックに従い、モデルナンバーが2200+~2800+となっている。

これまで、Socket 754マザーで自作する場合、対応するCPUが最安値の2800+でもようやく2万円を切るようになったばかりで、価格重視のユーザーはSocket Aを選択することの方が多かった。しかし、100ドル台前半の価格となるSempronが登場したことで、よりユーザーの選択肢が広がったことは歓迎していいだろう。既存マザーボードでの対応はベンダーごとに異なるだろうが、Socket 754版、Socket A版Sempronともに、「基本的にはBIOSのアップデートで対応できるはず」(日本AMD)とのこと。

製品は全て即日出荷されている。実際に店頭に並ぶ時期は不明だが、ショップ筋からの情報では、早ければ8月半ばにも登場するかもしれないということだ。

モバイル向けは全てSocket 754

モバイル向けには、消費電力が62Wの3000+/2800+/2600+のほか、薄型軽量ノート向けとして消費電力25Wの2800+/2600+の計5種類が発表されている。プラットフォームは全てSocket 754で、メモリはPC3200に対応。「PowerNow!」「3DNow!」といった機能を搭載するほか、デスクトップ向けと同様、メモリ保護機能「NX」がイネーブルになっている。

メインストリーム向け(1,000個ロット時)

モデルナンバー 価格
3000+(1.8GHz) 120ドル
2800+(1.6GHz) 108ドル
2600+(1.6GHz) 84ドル

薄型軽量ノート向け(1,000個ロット時)

モデルナンバー 価格
2800+(1.6GHz) 134ドル
2600+(1.6GHz) 107ドル

モバイル向けSempronでは、L2キャッシュ容量が256KBと128KBの製品が混在している。メインストリーム向け/薄型軽量ノート向けのどちらも、2800+と2600+の動作クロックが1.6GHzと同じだが、2800+のL2が256KB、2600+のL2が128KBとなっている。また、3000+については、L2キャッシュは128KBとのこと。製品の出荷は8月から出荷の予定。

Sempron発表にあわせ、プロセッサ・ロードマップもアップデートされた。デスクトップ・モバイルともにAthlon XPのラインが大きく変わった

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

J・J・エイブラムス、SW「フォースの覚醒」のレン騎士団スピンオフ作を熱望!?
[19:07 7/25] エンタメ
兄弟の愛憎描く「天智と天武」ビッグコミックで完結、「機械仕掛けの愛」も登場
[18:41 7/25] ホビー
損保ジャパン日本興亜、事故調査のドローン飛行に関する包括許可を取得
[18:40 7/25] マネー
Pokemon GO、次のステップはポケモン追加とトレーディング機能? - 海外報道
[18:35 7/25] スマホとデジタル家電
[AKB48柏木由紀]初主演舞台に全力 「全て捨てたつもりで」
[18:30 7/25] エンタメ